スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「京都×パリ」京ものアート市場開拓支援事業 職人・アーティストの交流プログラムの実施について

ページ番号252572

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年5月22日

お知らせ(経済同時)

令和元年5月22日

産業観光局(商工部伝統産業課 電話222-3337) 文化市民局(文化芸術都市推進室文化芸術企画課 電話366-0033)

京都市では,パリ市と共同で,両市の職人やアーティストが相互に交流し,アート市場で求められる作品の創作等を支援する「京ものアート市場開拓支援事業」を実施しています。

 この度,パリ市内で実施される交流プログラムに参加する職人及びアーティストが決定しましたので,お知らせします。

今回のプログラムでは,今後コラボレーションするパートナーを選び,工房訪問やワークショップを通してお互いに作品の創作イメージを膨らませます。帰国後,京都での交流プログラム(7月実施予定)を経て,令和2年2月にロンドンで開催されるアートフェア「Collect-コレクト-」(※)等への出展に向けて,作品制作に取りかかります。

(※)「Collect-コレクト-」… イギリスの「Crafts Council」が主催する,国際的な現代工芸とデザインの展示会。2020年は16度目の開催となり,前回は400の工芸作家,45のギャラリー等団体が出展し14,000人が来場。

1 交流プログラムについて

(1)日時:令和元年5月26日(日曜日)~5月31日(金曜日)
(2)場所:パリ市内
(3)参加者:京都,パリの職人及びアーティスト 10名(組)ずつ
<交流プログラム詳細>※現時点の予定のため,内容が変更となる可能性があります。
5月26日(日曜日)  工芸展示会「Revelations-レベレーションズ-」視察
5月27日(月曜日) 自己紹介や作品のプレゼンテーション等のワークショップ,ウェルカムパーティーの開催
5月28日(火曜日)ペアマッチング結果発表,ペアでのワークショップ,パリ市内のギャラリー等の視察
5月29日(水曜日) パートナーの工房訪問等
5月30日(木曜日) パートナーの工房訪問等,アドバイザーとの個別ミーティング
5月31日(金曜日) パートナーとのこれまでの取組の成果発表会,仏人クリエーターのアトリエ訪問

2 参加職人・アーティストについて

<京都の参加職人・アーティスト>

柞磨 祥子(漆造形)
2016年 京都市芸大大学院 美術研究科 工芸専攻 漆工細目 修士課程修了後,The Muse Gallery (ロンドン),京都文化博物館 (京都),The Gallery by SOIL (香港)などで個展・選抜展。2016年「EAST-WEST ART AWARD 2016」encouragement prize受賞。shoko-taruma.com外部サイトへリンクします

戸田 蓉子(漆芸)
2003年 同志社大学文学部文化学科美学及び芸術学専攻 卒業,大西長利氏に漆芸を師事し,京都漆器青年会入会。イルチプレッソはなれ(京都)などで展示。2019年「京漆器展」理事長賞など受賞多数。urushi-media.com外部サイトへリンクします

西村 圭功(京漆器)
1994年に家業を継ぎ独立後,2003年に伝統工芸士認定。ロンドンCollect2013出品や,ポートランドジャパニーズガーデン(アメリカ)などで展覧会を行う。「京漆器展」2017年京都市長賞・2019年審査員長賞受賞。www.keikou.jp外部サイトへリンクします

西村 武志(友禅彫刻)
1967年から父の西村友喜知に師事し,2014〜2019年Maison&Objet(パリ)出展のほか,世界各地で実演・講演を行う。2018年「京都・文化ベンチャーコンペ」京都中央信用金庫賞など多数受賞。nishimura-yuzen-chokoku.com外部サイトへリンクします

野田 朗子(ガラス工芸)
2011年東京藝術大学大学院美術研究科(ガラス造形研究室)・2014年京都府立陶工高等技術専門校成形コース修了。SCOPE NEW YORK, ASIAN WEEK ONISHI GALLERY(共にニューヨーク),LONDON ART FAIR(ロンドン)等に出展。2013年「第45回 日展」入選,2015年「藝文京展」京都商工会議所会頭賞など多数受賞。http://akikonoda.com外部サイトへリンクします

林 侑子(京焼・清水焼)
2006年京都産業技術研究所陶磁器本科卒業後,2008年初個展。以降さまざまな企画展・グループ展に参加し,2016年に紅村展で「土鋏」発表。2017年「京焼・清水焼展」伝統工芸士会会長賞,2018年「KOBE ART MARCHE」入選など受賞。https://koson.jp外部サイトへリンクします

日置 美緒(漆芸/装飾美術/金継ぎ)
2010年京都市芸大工芸科漆工専攻(加飾)卒業後,2016年に漆アトリエひふみを設立し,欧州各地で漆ワークショップを開催。Hae・JCE(共にオランダ),Atelier Mekaru-base(那覇)「MONO JAPAN」(アムステルダム) 等に参加・出展。www.hifumi-kyo.com外部サイトへリンクします

三木啓樂・大成竜司/啓樂工房(漆工芸)
1998年香川県漆芸研究所研究生課程修了,現在は日本工芸会・日本煎茶工芸協会の正会員や,京都漆器工芸協同組合理事などを務める。2015年「第一回藝文京展」優秀賞,2019年京都市芸術新人賞など多数受賞。www.hyoetsu.jp外部サイトへリンクします

村山 まりあ(陶芸・彫刻)
2012年東京藝術大学大学院美術研究科修了後2014年中国・景徳鎮 楽天陶社にて滞在制作・実演,2015年オランダEKWCにて滞在制作。展示会MDP Gallery (東京)Giant Year Gallery (香港)「YIA Art Fair」(フランス) などに出展。2012年「アートアワードトーキョー」入賞。www.maria-murayama.com外部サイトへリンクします

吉田 力/久山染工(京友禅)
2007年大阪モード学園卒業後,有限会社久山染工入社。2017年Proof Canvas事業,2019年9M事業をスタート。2019 MAN WOMAN PARIS 出展 (パリ)。2008年・2009年にJFWテキスタイルコンテスト入賞。
www.9m-kyoto.jp外部サイトへリンクします hisayama.xsrv.jp外部サイトへリンクします rikiyoshida.kyoto-tex.jp外部サイトへリンクします

<パリの参加職人・アーティスト>

Aline Putot(木工芸・漆芸・陶芸)
1992年から木工工房の職人として勤務した後,2007年に自身の工房を設立し,木工に加え磁土・漆の技法を取り入れ創作。CARAT DENTZU(フランス)などでの個展のほか,出版も多数。alineputot-toupry.com外部サイトへリンクします

Anaïs Guery(藍染/ファッションデザイン)
2010年Institut Français de la Mode高等専門学校修士課程ファッションデザイン修了。2014 年個人スタジオ「a.guery」を設立し,コレクションを発表。2016年「地中海ファッションプライズ」OPENMYMED賞受賞。www.aguery.com外部サイトへリンクします

Chantal Duclert/Atelier Maury(箔工芸)
1987年Patrick MauryとともにAtelier Mauryを継承。主な仕事にフランス国立図書館の音楽室修復,ベルサイユ宮殿の内装壁面修復などがある。2009年独自ブランド「Toile de Laque」をスタート。www.instagram.com/toiledelaque/外部サイトへリンクします

Dimitry Hilinka(工芸デザイン)
2012年Ecole Boulle卒業後,Revelation等に出展するほか,National Taiwan Craft Research Institute のイベントにも参加。2017年「パリ・デザインウィーク」Rado Star Prize受賞。www.atelier-hlinka.com外部サイトへリンクします

Isabelle Emmerique(漆芸)
1981年に個人アトリエ設立後,Maison&Objet, Lifestyle-Tokyo, Fair Frankfurt, Lineart-Gent等国内外の展示会に出展。2006年仏国文化省によりMaster of Artに認定。2005年「金沢トリエンナーレ」グランプリ受賞。www.emmerique.com外部サイトへリンクします

Janique Bourget(紙造形)
2012年から家具制作・美術を勉強し,Procedes Chenelにて紙工芸の技術を習得。「la Femme Tiroir」の装飾 (パリ)や,カルーセル・ルーブル・Openbach Gallery (ともにパリ)などで個展・グループ展を開催。www.janiquebourget.com外部サイトへリンクします

Ludovic Clément d’Armont/Semeur d’Etoiles(照明)
2008年照明制作アトリエ「Semeur d‘Etoiles」設立。ガラス工芸・陶芸・金属工芸など多様な技術を組み合わせて製作。家具デザインイノベーション協会VIA賞,EquipInnov賞など受賞。www.semeurdetoiles.fr外部サイトへリンクします

Monika Jadach(ファッションデザイン)
2001年ポーランド国立芸術大学卒業。2015年に「Slash Brand」を設立し,以降毎年4回コレクションを発表。2018年Emergenceビエンナーレ出展。slashbrand.fr外部サイトへリンクします

Maxime Bellaunay(石加工・漆芸)
2017年に6ヶ月間,輪島・漆工芸工房訪問。2018年Ecole Boulle 工芸科 修了の後,同校Fablabにてマネージャー就任。2018年アトリエ・ド・パリ レジデンス出展。2011年Coup de Coeurトゥール工芸賞受賞。https://www.bellaunay.com外部サイトへリンクします

Nicholas Pinon(漆芸)
2001年Ecole Boulle卒業。大西長利氏の元で漆芸を学んだ後に独立。日本の漆を用いジュエリーや家具の修復を行う。2013年Richard Orfèvreのアトリエとコラボしシルバーと漆を組み合わせた製品を発表。nicolaspinon.com外部サイトへリンクします

お知らせ資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局商工部伝統産業課

電話:075-222-3337

ファックス:075-222-3331

フッターナビゲーション