スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「これからの1000年を紡ぐ企業認定」第4回認定企業の決定及び認定授与式の開催について

ページ番号250892

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年4月15日

広報資料

平成31年4月15日

京都市産業観光局商工部地域企業振興課

「これからの1000年を紡ぐ企業認定」第4回認定企業の決定及び認定授与式の開催について

 京都市では,社会的課題をビジネスで解決することや,社会的課題を生み出さない新しい商品やサービス,あるいはシステムを生み出すことで持続可能な社会の構築に貢献し,ソーシャルイノベーションに取り組む企業を「これからの1000年を紡ぐ企業認定」企業として認定し,支援パートナーとともに,企業の目指す未来に向けた成長と発展をサポートしています。

 この度,第4回目の認定企業として7社を決定し,認定授与式を開催しますのでお知らせします。当日は,認定企業各社が目指す未来について,プレゼンテーションを行いますので,多くの皆様の御来場をお待ちしております。

                                   記

1 認定企業等について

(1)第4回認定企業(7社。五十音順)

 ・株式会社イワタ

  代表者:岩田有史

  事業概要:睡眠環境の改善を目指し,羽毛等の天然素材を用いた寝具を製造・販売

 ・株式会社カンブライト

  代表者:井上和馬

  事業概要:地方創生に向けて,地域の食材を活かした缶詰食品のプロデュース

 ・有限会社匠弘堂

  代表者:横川総一郎

  事業概要:宮大工の育成,宮大工による伝統的な社寺建築の施主と向き合った設計施工

 ・株式会社発酵食堂カモシカ

  代表者:関恵

  事業概要:発酵食に特化した飲食店の経営,販売,健康経営コンサルティング

 ・プレマ株式会社

  代表者:中川信男

  事業概要:自然・健康食品等の卸・小売販売とオリジナル商品の製造販売

 ・株式会社マザーハウス

  代表者:山口絵理子

  事業概要:発展途上国におけるアパレル製品等の企画・生産と先進国での販売

 ・有限会社ワックジャパン

  代表者:小川美知

  事業概要:訪日外国人旅行者や修学旅行生等への地域に根差した日本文化体験の提供

(2)認定までの流れ

 平成30年8月~9月  申請募集

 平成30年10月~   関係者へのヒアリング等訪問調査の実施

 平成31年3月     認定審査会 開催

 

2 認定授与式

(1)日時 平成31年(2019年)5月25日(土曜日)午後1時~午後5時

(2)場所 池坊会館2階ホール(京都市中京区六角通東洞院西入)

(3)定員 100人(先着順)

(4)参加料 無料

(5)申込先 https://4th-nintei.peatix.com外部サイトへリンクします

(6)申込期限 平成31年(2019年)5月22日(水曜日)

 

【プログラム】(予定)

 午後1時    開会,認定授与(プレゼンター:京都市長 門川大作)

           認定書と北山杉の間伐材を利用したトロフィーを授与

 午後1時45分 第4回認定企業によるプレゼンテーション 

 午後3時    トークセッション「認定企業と紡いでいく未来」

           <パネラー>

            第4回認定企業代表者 

           <モデレーター>

            大室悦賀(京都市ソーシャルイノベーション研究所所長)

 午後4時    京都市ソーシャルイノベーション研究所の取組紹介など

 午後4時20分  名刺交換会 

 午後5時    閉会

 

3 問合せ先

  【内容に関すること】

   京都市産業観光局商工部地域企業振興課(担当 筒井,野原)

   TEL 075-222-3756,FAX 075-222-3331

  【申込みに関すること】

   (公財)京都高度技術研究所(京都市ソーシャルイノベーション研究所)

   TEL 075-366-5527,E-mail silk@astem.or.jp

 

4 参考(「これからの1000年を紡ぐ企業認定」について)

  提出された申請書や訪問調査,申請者によるプレゼンテーションをもとに,社会的課題を生まない社会づくりの一翼を担う企業として期待される企業を認定しています。

(1)これまでの認定企業

 ・第1回認定企業(認定日:平成28年4月22日)

  株式会社和える,IKEUCHI ORGANIC株式会社,株式会社坂ノ途中,有限会社シサム工房,株式会社食一,

  DariK株式会社

 ・第2回認定企業(認定日:平成29年5月11日)

  株式会社アラキ工務店,特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス,株式会社フラットエージェンシー,株式会社ヘルプ

 ・第3回認定企業(認定日:平成30年4月19日)

  有限会社セメントプロデュースデザイン,特定非営利活動法人寺子屋プロジェクト,株式会社日本の窓

 

(2)認定企業の活躍について(一部紹介)

  •  株式会社和えるは,「APEC女性と経済フォーラム2017」において,「APEC Best Award(大賞)」及び「Best Social Impact賞」を日本人で初めて受賞。更に,文化及び産業に対する市民の関心を高め,その振興に寄与したことから,平成29年12月に京都市文化芸術産業観光表彰「きらめき大賞」を受賞した。
  •  株式会社坂ノ途中は,平成30年12月に経済産業省から,地域の特性を生かして高い付加価値を創出し,地域の事業者等に対する経済的波及効果を及ぼすことにより地域の経済成長を力強く牽引する「地域未来牽引企業」に選定された。
  •  株式会社食一のビジネスプランは,平成31年3月に京都商工会議所から,自社の強みや知恵を活かすことで顧客に新たな価値を提供しようとする「知恵ビジネス」として認定された。

 

(3)審査委員

  認定制度の審査委員には,日本を代表するソーシャルビジネス企業の経営者及び支援者,ソーシャルビジネス分野の先駆的な学識者などに就任いただいております。

(審査委員)※五十音順。敬称略。肩書きは平成31年3月現在

 明致 親吾 (京都CSR推進協議会会長)

 上田 誠  (京都市産業観光局長)

 岡村 充泰 (京都スタイル株式会社代表取締役社長,株式会社ウエダ本社代表取締役社長)

 熊野 英介 (公益財団法人信頼資本財団理事長)

 榊田 隆之 (京都信用金庫理事長)

 髙津 玉枝 (株式会社福市代表取締役)

 西本 清一 (公益財団法人京都高度技術研究所理事長)

 原  良憲 (京都大学経営管理大学院院長・教授)※審査委員長

 松本 直人 (フューチャーベンチャーキャピタル株式会社代表取締役社長)

 

(4)認定企業に対する支援

  支援パートナーとともに,認定された企業の目指す未来を実現するためのサポートを行ってまいります。

「これからの1000年を紡ぐ企業認定」第4回認定企業の決定及び認定授与式の開催について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局商工部地域企業振興課

電話:(代表)075-222-3329,(ひと・しごと環境整備)075-222-3756

ファックス:075-222-3331

フッターナビゲーション