スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】京都ものづくりベンチャー戦略拠点「Kyoto Makers Garage」「Startup×大手企業 オープンイノベーションイベント」の開催について

ページ番号248983

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年3月11日

広報資料(お知らせ)

平成31年3 月11日

産業観光局(新産業振興室 222-3324)

京都ものづくりベンチャー戦略拠点「Kyoto Makers Garage」「Startup×大手企業 オープンイノベーションイベント」の開催について

  この度,Kyoto Makers Garage(京都市,京都リサーチパーク株式会社,(公財)京都高度技術研究所, 株式会社Darma Tech Labsが共同運営)では,優れたベンチャーの国際的な活躍の後押しを目的に実施される「Monozukuri Hardware Cup 2019 日本予選」の関西地区での開催を機に,京都市外からハードウェアベンチャー(※)を呼び込み,大手企業のオープンイノベーション担当者や起業家とのマッチングを行う「Startup×大手企業オープンイノベーションイベント」を下記のとおり実施しますので,是非御参加ください。

(※)3Dプリンター等の機材やクラウドファンディングなどの手法の普及により,従来のものづくり産業とは異なるプロセスで,

        短期間に商品(主にIoT機器)を市場に流通させるベンチャー企業

                                       記

 

1 日時  平成31年3月14日(木曜)午後5時~午後7時

 

2 内容

  17:00~ メイカームーブメントにおけるハードウェアベンチャーについて

  講師:IBM Digital Makers Lab 松永 岳人 

  (講師略歴)

   新卒でIBMに入社。大学では,画像解析系の研究室に所属。学生時代に自身でアプリ開発も行い,

   大学院時代には産総研AIセンターに勤務。入社後はクラウドなど技術に特化した技術部隊に所属し

   金融系や流通系の開発案件をリード。社外では世界的なデータサイエンティストコンペティション

   「Kaggle」にて,上位入賞した実績を持つ。2018年4月,Digital Makers Lab立ち上げにあたり異動し,現在に至る。

  17:30~ スタートアップからのプレゼンテーション

  ※ 現在,参加企業等については調整中です。最新情報は以下「7申込」のウェブサイトにて順次更新します。

  18:30~ 交流会

  19:00  閉会

 

3 対象者  起業やものづくりに関心のある学生,社会人,ベンチャー起業家等

 

4 会場    Kyoto Makers Garage

        (京都市下京区朱雀宝蔵町73-1 ライトワンビル1F)

 

5 定員    20名(定員になり次第締切)

 

6 参加費  無料

 

7 申込    以下のウェブサイトにて申込受付(先着順)

        URL:https://www.meetup.com/ja-JP/monozukuri-hub/events/259465370外部サイトへリンクします

                 ※ 申し込みにあたり,Meetup,Facebook又はGoogleのアカウントが必要です。お持ちでない場合は,

                      以下の問合せ先まで御連絡ください。

 

8 問合せ先  株式会社Darma Tech Labs(担当:二神)

               TEL:090−5058−8905/E-mail:mari@makersboot.camp

 

(参考)

     1 「Monozukuri Hardware Cup 2019日本予選」について

     日本のハードウェアベンチャーの技術,事業性を競い,優れたハードウェアベンチャー企業の創出のため,

         平成29年度から開催されているイベント。 平成31年春に米国ピッツバーグで開催する

         「Hardware Cup Finals」(本選)に出場することができるなど,京都をはじめ日本のハードウェアベンチャー企業の

         国際的な活躍を後押しするものです。

      開催日:3月13日(水曜)13時~15時(於:グランフロント大阪)

          内容 :書類審査を通過した8社による英語での自社ビジネス及び商品の

                       プレゼンテーションによるコンペティションを実施。

                      上位1社が米国で開催する本選に出場することができるとともに,上位3社は同会場で

                      デモ展示する権利が与えられます。

           主催 :Hardware Cup日本予選実行委員会

          共催 :Hack Osaka 2019実行委員会外部サイトへリンクします

          協賛 :Kyoto Makers Garage等

広報資料(お知らせ)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局新産業振興室

電話:075-222-3324

ファックス:075-222-3331

フッターナビゲーション