スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】京都ものづくりベンチャー戦略拠点「Kyoto Makers Garage」「ものづくりハッカソン」DemoDayの開催について

ページ番号247286

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年2月1日

広報資料

平成31年2月1日

産業観光局(新産業振興室 222-3324)

京都ものづくりベンチャー戦略拠点「Kyoto Makers Garage」「ものづくりハッカソン」DemoDayの開催について

  Kyoto Makers Garage(京都市,京都リサーチパーク株式会社,(公財)京都高度技術研究所, 株式会社Darma Tech Labsが共同運営)では,(一社)京都試作ネット(※)と連携し,参加者が京都試作ネットの若手技術者からのサポートを受け,所属企業や学校等を超えてチームを結成し,新たなアイデアを出し合いながら製品を開発する「ものづくりハッカソン」を実施しています。

 この度,平成31年1月から実施している「冬のウェアラブルデバイス」をテーマとしたものづくりハッカソンの成果発表(DemoDay)等を開催しますので,是非御参加ください。

(※)京都試作ネット(http://www.kyoto-shisaku.com外部サイトへリンクします)

 「顧客の思いを素早く形に変える」をコンセプトに,平成13年7月に京都の機械金属 関連の中小企業10社が共同で立ち上げた「試作に特化したソリューション提供サービス」を専門とする団体。インターネットを活用した一気通貫型の共同受注による新たな顧客創造の仕組みで,機械・金属・樹脂・ゴム・システム・基板などの試作加工に特化したソリューションを提供している。

                                           記

1 日時  平成31年2月9日(土曜)午後3時~午後5時20分

       ※ 交流会:午後4時20分~午後5時20分

 

2 会場  Kyoto Makers Garage(京都市下京区朱雀宝蔵町73-1 ライトワンビル1F)

 

3 内容

(1)開会挨拶

(2)講演1「ハードウェアベンチャー企業のプレゼンテーション」

    講師:Holoash Inc. CEO  岸 慶紀 氏

(3)講演2「京都試作ネットの取り組みと今後の展開」

    講師:(一社)京都試作ネット代表理事 鈴木 滋朗 氏

(4)Demo Day

  3チームが「冬のウェアラブルデバイス」をテーマに成果発表を行い,最優秀賞を決定(結果発表は,交流会中に発表)

(5)交流会

 

4 対象者  ものづくりに関心のある学生,社会人,ベンチャー起業家,中小 企業(製造業)等

 

5 定員   25名(定員になり次第,締切)

 

6 参加費  無料(交流会参加の場合は1,000円/人)

 

7 申 込  以下のURLにて申込受付(先着順)

        URL:https://www.meetup.com/ja-JP/monozukuri-hub/events/258350787/外部サイトへリンクします

        ※ ウェブサイトからのお申込には,FacebookまたはGoogleのアカウントが必要です。

          お持ちでない場合は,以下の問合せ先まで 御連絡下さい。

 

8 主 催  Kyoto Makers Garage(京都市,公益財団法人京都高度技術研究所,京都リサーチパーク株式会社,

                      株式会社Darma Tech Labs)

 

9 共 催  (一社)京都試作ネット

 

10  問合せ先  株式会社Darma Tech Labs(担当:二神)

           TEL:090−5058−8905 E-mail:mari@makersboot.camp

 

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局新産業振興室

電話:075-222-3324

ファックス:075-222-3331

フッターナビゲーション