スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】KYOTO PARADOXの開催について

ページ番号247099

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年1月30日

広報発表

平成31年1月30日

産業観光局商工部伝統産業課 075-222-3337

 この度,京都市では,京都BALとの共催で,京都BAL実施イベント「LOVE」内のプログラムとして,京都の伝統産業や文化を伝える「KYOTO PARADOX」を開催しますので,お知らせします。


 今回で5回目となる「KYOTO PARADOX」では,毎回恒例となった京都の清酒と京菓子の組み合わせを数量限定で無料提供する取組「KYOTO PARADOX BAR」を開催。
さらに,「巨大和傘」を会場内で制作し,茶席を設えて,茶人によるデモンストレーションを行うほか,「京焼・清水焼」の展示販売等も行います。お誘い合わせのうえ,是非お越しください。



1 期間 平成31年2月9日(土曜日)~2月11日(月曜日・祝日)午前11時~午後8時

2 場所 京都BAL 4階特設スペース(京都市中京区河原町通三条下ル)

3 内容 

⑴ KYOTO PARADOX BAR(キョウトパラドックスバー)

   京都の清酒と京菓子の組み合わせを数量限定で無料提供。組み合わせは京都市産業技術研究所バイオ系チームが監修。

   提供時間:午後1時~,午後4時~(1日2回実施)

  ※無料試飲&試食セットは数量限定,なくなり次第終了

  ※商品は予告なく変更になる場合があります。

  ※日によって提供できる商品が異なる場合があります。

京都の清酒と京菓子のマリアージュ

NO

和菓子

種別

企業名

日本酒

種別

企業名

1

春野 白粒

おぼろりゅうひ

鎰良光

金鵄正宗

特別純米

キンシ正宗

2

恋ごころ

チョコ餡饅頭

亀屋重久

神聖

超辛口特別純米原酒

山本本家

3

琥珀 ハート/蝶

干菓子

鎰良光

花洛

特別純米 生もと

招德酒造

4

水仙

ういろう

鎰良光

英勲 古都千年

純米吟醸

齊藤酒造

5

衣笠 抹茶

落雁

亀屋重久

五紋神蔵

辛口純米無濾過生原酒

松井酒造

6

都の庭

ねりきり

鎰良光

聚楽第

純米吟醸

佐々木酒造

7

加茂松風

焼菓子

鎰良光

月桂冠 特撰

本醸造

月桂冠

⑵ 茶の湯プロジェクト
  直径3mの巨大野点傘を,BAL館内で2日かけて制作を行います。京都で唯一京和傘を製造する「日吉屋※1」が,野点傘の和紙貼り実演を行い,その巨大和傘をキャンパスに京都の絵描きユニット「だるま商店※2」がライブペインティングを実施。完成した野点傘を使用した茶席にて,曹洞宗栄春寺住職 米澤昭博氏※3による美しい茶道の作法を体験いただくデモンストレーションを行います。
 ○ プログラム
   9日(土曜日)14時~完成するまで  巨大和傘の制作実演
   10日(日曜日)14時~完成するまで 巨大和傘へのライブペインティング
   11日(月曜日・祝日)14時~14時30分 茶の湯実演

※1 和傘 日吉屋

江戸後期より続く京和傘の老舗。京都で唯一和傘の製造を手掛ける。茶の湯をはじめ能や歌舞伎などの伝統芸能に彩りを添える和傘はもちろん。その優れた構造や伝統美を活かし照明やバスケットなど,現在の生活に合わせた挑戦的な開発を進める。

※2 絵描きユニット だるま商店

プロデューサー島直也と,絵師安西智による絵描きユニット。徹底したコンセプトワークによって日本・アジアの古典と流行を再構築し,力強い毛筆と極彩色で,独自の世界観を構築する。当企画の総合プロデュースも担当する。

※3 曹洞宗栄春寺住職 米澤昭博

曹洞宗栄春寺住職で,裏千家家元の直門。裏千家の代表組織である淡交会全国委員会委員長,議長を歴任。お茶と禅との関係を研究し,実践する。


⑶ 「京焼・清水焼」の展示販売
今回のプログラムに合わせ,「京焼・清水焼」の「お猪口」及び「抹茶椀」の販売を行います。

⑷ 伝統産業製品や京都BAL内の店舗商品が当たる「巨大ガチャマシーン」
   京都の伝統産業製品や,京都BAL内の店舗商品(総額100万円相当)が当たる全長約2mの巨大ガチャマシーンを使った抽選を実施。500円で1回チャレンジが可能で,京都BAL内で1万円(税別)以上購入した方は,無料で1回チャレンジいただけます。※ なくなり次第終了

4 その他
  詳細は京都BALサイト内にて随時配信します。URL:www.bal-bldg.com/kyoto外部サイトへリンクします

5 問い合わせ先
  京都市産業観光局商工部伝統産業課 担当:大江,坂本 TEL:075-222-3337

 

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局商工部伝統産業課

電話:075-222-3337

ファックス:075-222-3331

フッターナビゲーション