スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「宿泊施設従業員向け歴史・文化体験研修」及び,「旅館における外国人観光客受入促進セミナー」の実施について

ページ番号245965

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年12月18日

「宿泊施設従業員向け歴史・文化体験研修」及び,「旅館における外国人観光客受入促進セミナー」の実施について

京都市では,平成28年10月に「京都市宿泊施設拡充・誘致方針」を策定し,観光立国・日本をリードする安心安全で地域と調和した宿泊観光の向上に取り組んでいます。

この度,旅館をはじめとする宿泊施設の更なる利用促進を図るため,(公社)京都市観光協会とともに,下記のとおり「宿泊施設従業員向け歴史・文化体験研修」及び「旅館における外国人観光客受入促進セミナー」を開催しますので,御案内します。

1 宿泊施設従業員向け歴史・文化体験研修

宿泊サービスの質の向上につなげるとともに,京都観光事業に従事する魅力を感じてもらい定着率の向上を図るため,市内の宿泊施設従業員等を対象に,二条城ツアー体験や華道体験,茶道体験を計8回実施します。

(1)日時,開催場所等

日時,開催場所等

1歴史(二条城ツアー体験)

2文化(華道体験)

3文化(茶道体験)

日時

平成31年1月21日(月曜), 1月23日(水曜)

(A)午前10時~午後1時

(B)正午~午後3時

平成31年1月28日(月曜), 1月29日(火曜)

(各日)午後1時~午後4時

平成31年2月18日(月曜), 2月19日(火曜)

(各日)午後1時~午後4時

開催場所

二条城

(京都市中京区)

華道家元池坊内

(京都市中京区)

裏千家内

(京都市上京区)

内容

 二の丸御殿や通常非公開の西門などをツアー形式で見学するとともに,他の参加者と香雲亭で昼食をとり,交流を深めます。

(A)二条城ツアー→食事

(B)食事→二条城ツアー

 華道史「いけばなの心」などの講義を受け,その後,花や草木などの基礎知識,生け方などを実践形式で学びます。

 茶道史,茶道精神などの講義を受け,その後,立ち居振る舞い,お点前などの基礎知識を実践形式で学びます。

定員

80名(各回20名)

60名(各回30名)

60名(各回30名)

参加費

(実費分のみ)

2,000円/人(昼食代)

1,000円/人(花代)

1,000円/人(茶菓代)

(2)対象

京都市内の宿泊施設※の従業員(その他の観光関連事業の従業員も参加可)

※ 旅館業法許可施設及び住宅宿泊事業法届出施設

(3)申込方法(FAX・メールにて受付)

<宿泊施設従業員向け文化研修事務局>

FAX:075-231-4677 メール:info001@kyoto.email.ne.jp

電話:075-212-5221

別紙1の申込用紙により,12月18日(火曜)から申し込み。定員になり次第,締切ります。各コースの締切りは別紙1を参照。

(4)実施

(主催)京都市,公益社団法人京都市観光協会

(共催)公益財団法人京都文化交流コンベンションビューロー

(協力)京都府旅館ホテル生活衛生同業組合

2 外国人観光客受入促進セミナー

旅館のインターネットを活用した集客と情報発信の強化,及び「京都らしい特別な体験」ができる「旅館+体験」の宿泊セットプランの造成など,旅館の商品力強化を図るためのセミナーを開催します。

(1)日時

平成31年1月30日(水曜)午後2時から午後4時半まで

(2)開催場所

メルパルク京都 4階 研修室「藤」

(京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13)

(3)対象

京都市内の宿泊施設※の事業者(その他の観光関連事業者も参加可)

  ※ 旅館業法許可施設及び住宅宿泊事業法届出施設

(4)内容等

内容等

時間

内容

講師

午後2時~3時

「増客減収人口減 どうなる観光事業!」

外国人観光客の受入や外国人従業員の採用を積極的に行い,時代に沿った旅館の改革を行う天保元年(1830年)創業の老舗旅館の若手女将から先例的な事例を紹介していただきます。

綿善旅館

若女将

小野雅世氏

午後3時~3時20分

伝統工芸の工房が予約できる「京都工房コンシェルジュ」

 京都伝統産業ふれあい館が企画している工房訪問予約システム「京都工房コンシェルジュ」の予約方法や訪問事例をご紹介していただきます。

(公財)京都伝統産業交流センター事務局次長 小田哲大氏

午後3時30分~

4時30分

「テクノロジーの進化で変化する旅館・ホテルの選ばれ方と集客方法」

 宿泊関連業界での豊富な経験をもとに,テクノロジーが進化する現代における宿泊施設のマーケティング手法についてお話いただきます。

(株式会社)オータパブリケイションズ 週刊ホテルレストラン編集長

岩本大輝氏

(5)定員

50名(事前申込制・先着順)

(6)申込方法(FAX・メールにて受付)

<公益社団法人京都市観光協会>

 FAX:075-213-1011 メール:join@kyokanko.or.jp

 電話:075-213-0070

 別紙2の申込用紙により,12月18日(火曜)から平成31年1月28日(月曜)までに申し込み。定員になり次第,締切ります。

(7)実施

(主催)京都市

(共催)公益社団法人京都市観光協会,公益財団法人京都文化交流コンベンションビューロー

(協力)京都府旅館ホテル生活衛生同業組合

別紙2

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局観光MICE推進室

電話:075-746-2255

ファックス:075-213-2021

フッターナビゲーション