スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】年末の生鮮食料品等の価格見通し(青果物・水産物・加工食料品)

ページ番号245918

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年12月14日

広報資料(経済同時)

平成30年12月14日

産業観光局(中央卸売市場第一市場 電話312‐6564)

年末の生鮮食料品等の価格見通し(青果物・水産物・加工食料品)

 京都市中央市場では,迎春準備が始まるこの時期に,毎年度「年末の生鮮食料品等の価格見通し(青果物・水産物・加工食料品)」を公表しています。今年度につきましても,下記のとおりお知らせします。

1 青果物の概要

(1)野菜
 夏季の高温少雨や台風等の影響により生育が遅れたため,「西洋にんじん」や「ごぼう」については,入荷量が前年を下回り,価格は前年同期を上回っています。また,10月以降は安定した天候が続き生育が進んだため,「ほうれんそう」や「ゆりね」については,入荷量が前年を上回り,価格は前年同期を下回っています。
 年末の「金時にんじん」や「はくさい」の価格は,現況を下回る見込みですが,「ごぼう」や「れんこん」,「レタス」の価格は,年末需要の高まりから現況を上回る見込みです。

(2)果実
 果実全般については,入荷量が前年を上回るとともに,夏季の高温少雨や台風等の影響により多くの品目で上位等級品の比率が低下したため,価格は前年同期を下回っています。
 年末の「富有柿」や「みかん」,「アールスメロン」の価格は,需要の高まりから現況を上回る見込みです。

2 水産物の概要

(1)塩干魚
 「棒だら」や「いくら」については,中小サイズ中心の入荷となっていることから,価格は前年同期を下回っています。また,「塩かずのこ」については,原料となるニシンの漁獲量の減少により,生産量が減少したことから,価格は前年同期を上回っています。
 年末の塩干魚全般の価格は,現況のまま推移する見込みです。

(2)冷凍魚
 「冷凍もんこういか」や「冷凍たらばがに」については,海外需要の増加や漁獲量の減少の影響により,入荷量が前年を下回り,価格は前年同期を上回っています。また,「冷凍えび」については,中小サイズ中心の入荷となっていることから,価格は前年同期を下回っています。
 年末の「冷凍えび」の価格は,供給量が減少しているため現況を上回る見込みですが,その他の冷凍魚の価格は,概ね現況のまま推移する見込みです。

(3)鮮魚
 養殖魚のうち,「ふぐ」については,入荷量が前年を上回り,価格は前年同期を下回っていますが,「ぶり」や「たい」については,価格は前年同期並みとなっています。
天然魚のうち,「たい」や「さわら」,「たら」については,入荷量が前年を上回り,価格は前年同期を下回っていますが,「たこ」や「ひらめ」については,入荷量が前年を下回り,価格は前年同期を上回っています。
 年末の養殖魚の価格は,現況のまま推移する見込みです。また,天然魚の価格は,天候により入荷量,価格ともに多少の変動が予想されますが,概ね現況のまま推移する見込みです。

3 加工食料品の概要

(1)昆布
 「昆布」については,昨年度に続く原材料の不作により,価格は前年同様高値で推移しています。
 年末の「昆布」の価格は,現況のまま推移する見込みです。

(2)干のり
 「干しのり」については,昨年度に続く原材料の不作により,価格は前年同期を上回っています。
 年末の「干しのり」の価格は,現況を上回る見込みです。

(3)佃煮類
 「ごまめ」については,原材料となるかたくちいわしが漁獲不振となり,価格は前年同期を大幅に上回っています。また,「煮豆」については,悪天候の影響により原材料が減少しているため,価格は前年同期を上回っています。
 年末の「ごまめ」の価格は,現況を上回る見込みですが,「煮豆」の価格は,現況のまま推移する見込みです。

(4)鶏肉・鶏卵
 「鶏肉」については,消費の落ち込みにより,価格は前年同期を下回っています。
 「鶏卵」については,全国的な猛暑の影響により供給量が減少しているため,価格は前年同期を上回っています。
 年末の「鶏肉」の価格は,現況を上回る見込みですが,「鶏卵」の価格は,現況のまま推移する見込みです。

(5)漬物
 「漬物」については,天候不順により,原料となる野菜が不足していることから,価格は全般的に前年同期を上回っています。
 年末の「漬物」の価格は,現況のまま推移する見込みです。

※ 各品目の平均単価に基づく価格見通しについては,別表を御参照ください。

 

年末の生鮮食料品等の価格見通し

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

産業観光局中央卸売市場第一市場
電話075-312-6564
ファックス075-311-6970

フッターナビゲーション