スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

平成26年における宿泊利用状況調査への御協力のお願い

ページ番号176007

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年1月13日

以下から様式をダウンロードしてください

(参考)平成26年における宿泊利用状況調査への御協力のお願い

市内宿泊施設各位

平成26年における宿泊利用状況調査への御協力のお願い

 時下,ますます御清祥のこととお慶び申し上げます。

 平素は,京都市の観光行政に対しまして,格別の御理解,御協力を賜り,厚く御礼申し上げます。
 京都市におきましては,京都観光を振興するうえでの基礎資料とするため,宿泊施設の皆様をはじめ,関係各位の御協力を賜りながら,毎年,観光客の動向等の調査を行い,「京都観光総合調査」として公表致しております。
 つきましては,御多忙の折,誠に恐縮ですが,本調査の趣旨を御理解いただき,下記の事項について,別紙調査票に御記入のうえ,御返送くださいますようよろしくお願い申し上げます。
 趣旨を御理解のうえ,何卒,御協力くださいますようお願い申し上げます。

 

1 照会事項

 ⑴ 総宿泊客数

   平成26年1月1日から同年12月31日までの月別宿泊客数

 ⑵ 外国人宿泊状況

   平成26年1月1日から同年12月31日までの月別及び国・地別宿泊客数,並びに修学旅行客(学生団体客)数

 ⑶ 日本人修学旅行客宿泊状況

   平成26年1月1日から同年12月31日までの月別,学校の所在地別及び小学校・中学校・高等学校別宿泊者数

 

2 記入方法等

 ⑴ 「実人員」には宿泊者数の実数(到着者数)を記入してください。

  ・ この場合,同一人が引き続き2泊以上した場合でも1人として計算してください。

  ・ 月をまたがって利用があった場合は,「利用初日の属する月」にまとめてください。

 ⑵ 「延人員」には,宿泊延数を記入してください。

  ・ 2人が3泊した場合は6人泊として計算してください。

  ・ 修学旅行客(日本人及び外国人)については,「延人数」は不要です。

 ⑶ その他

   「実人数」と「延人数」のいずれか一つの方法により集計されている場合は,その集計方法の該当欄についてのみで構いません。把握されている範囲内で結構ですので,御協力をお願い致します。

 

3 調査票

  お送りした調査票に手書きで記入いただくほか,ホームページからエクセルデータの様式を入手していただけます。

   【京都市情報館トップページ】→【観光・文化・産業】→【観光】→【観光調査】→【平成26年】

  →【平成26年における宿泊利用状況調査への御協力のお願い】

 <ホームページアドレス> https://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000176007.html

 

4 回答期限

  御多忙のところ恐縮ですが,平成27年2月7日(金曜日)までに御回答くださいますようお願い申し上げます。

 

5 調査票の返信先

  下記宛に郵送・もしくはメールにて返信をお願いします。

 <調査実施事務局(委託会社)>

  京都観光総合調査事務局

  〒530-0001 

  大阪市北区梅田2-2-22 ハービスENTオフィスタワー11階
  株式会社 ビデオリサーチ(担当:森田)

  TEL:06-4799-6982/ FAX:06-4799-6989

  E-mail:[email protected]

 

6 その他

  本調査で御回答いただきます数値等は,宿泊施設別などの個別に公表することは一切ございません。また,御解答いただいた内容は,京都観光に関するデータの集計等以外の目的では使用されませんので,重ねて御協力方お願い申し上げます。

 

7 本調査に関しての問合せ先

<実施主体>

  京都市産業観光局 観光MICE推進室(担当:畑中)

  〒604-0911京都市中京区河原町二条上ル清水町359番地ABビル2階

  TEL:075-746-2255/ FAX:075-213-2022

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局観光MICE推進室

電話:075-746-2255

ファックス:075-213-2021

フッターナビゲーション