スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

京の山杣人(そまびと)工房事業モデル工房補助金交付要綱

ページ番号120081

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年6月20日

平成17年7月28日制定

平成23年4月1日最終改正

 

(趣旨)

第1条 この要綱は,「森林と人との共生・木の香るぬくもりのある暮らしの創造」を提案,推進することにより,京都市地域産材の需要を拡大して地域林業や木材関連業界を活性化するとともに,健全な森林の保全を図るため,京の山杣人(そまびと)工房事業に係るモデル工房事業(以下「事業」という。)を実施する団体に対する補助金(以下「補助金」という。)の交付に関し,京都市補助金等の交付等に関する条例(以下「条例」という。)及び京都市補助金等の交付等に関する条例施行規則に定めるもののほか,必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において,次の各号に掲げる用語の意義は,当該各号に定めるところによる。

⑴ 普及啓発活動 市民が市域の森林へ関心を持つよう誘導する指導,京都市地域産材を使用したリフォームを推進する相談等,地域林業や木材関連業界の活性化につながる活動のことをいう。

(交付の対象団体)

第3条 補助金の交付対象団体は,モデル工房を所有している団体又は管理運営を認められている団体等(以下「団体」という。)とする。

2 補助金交付期間は,当該モデル工房を設置した年度から起算して最長5会計年度までとする。

(交付の対象)

第4条 補助金は,モデル工房が行う普及啓発活動に要する経費のうち,次の各号に掲げるものであって,市長が適当と認めるものについて交付する。

⑴ 報償費 
講師等謝礼金。ただし,対象団体に所属する人物に対する報償費は補助金の交付対象としない。

⑵ 交通費 
電車代,バス代等

⑶ 消耗品費 
取得金額が1万円未満のもの

⑷ 印刷製本費 
事業に係る冊子等の作成経費

⑸ モデル工房活動協力費 
他のモデル工房と連携して事業を行う際の負担金

⑹ 通信費 
事業に係るホームページ運営,郵便料金等

⑺ 広告費 
事業に係る広告宣伝費

⑻ 作成費 
普及啓発活動に係る物品作成費

⑼ 保険料 
行事等の開催時に掛ける場合に要する保険料

⑽ 使用料 
行事等で使用する施設の使用料及び物品の借上げ費

(補助金の額)

第5条 補助金の額は,前条に定める経費とし,毎年度予算の範囲内において,各モデル工房の交付申請額(当該額に1,000円未満の端数があるときは,これを切り捨てた額)を合計した総額に占める割合に応じて交付額を決定する。ただし,交付額は交付申請額を超えないものとする。

(交付の申請)

第6条 条例第9条の規定による申請は,モデル工房事業補助金交付申請書(第1号様式)に,事業を開始する日までに,次の各号に掲げる書類を添えて行わなければならない。

⑴ 活動実施計画書(第2号様式)

⑵ 1件の支出予定で全体申請額の3分の1を超える場合は,その支出に係る見積書

(標準処理期間)

第7条     市長は,条例第9条による申請が到達してから20日以内に条例第10条各項の決定をするものとする。

(変更等の承認の申請)

第8条 条例第11条第1項第1号による補助事業等の内容又は経費の配分の変更に係る市長等の承認の申請は,モデル工房事業変更承認申請書(第3号様式)によって行うものとする。

2 条例第11条第1項第2号による補助事業等の中止又は廃止に係る市長等の承認の申請は,モデル工房事業中止・廃止承認申請書(第4号様式)により行うものとする。

(事業完了の届出)

第9条 条例第18条の規定による実績報告は,モデル工房事業実績報告書(第5号様式)に次の各号に掲げる書類を添えて行わなければならない。

⑴ 活動実施報告書(第6号様式)

⑵ 支払明細書(第7号様式)

⑶ 補助金交付に係る領収書の写し

⑷ モデル工房運営事業実績集計表(第8号様式)

⑸ 各活動の写真とその概要説明

⑹ 作成物がある場合はそのサンプル又は写し若しくは写真

(補助金交付期間終了後の活動)

第10条 モデル工房は,設置年度から起算して10年間は市民に開放し,補助金交付期間終了後も10年間は,活動実施計画書(第9号様式)及び活動実績報告書(第11号様式)にそれぞれ別表に定める書類を添えて毎年度,次の各号に掲げる期限までに提出し普及啓発活動に努めなければならない。

⑴ 活動実施計画書については毎年度5月末日まで

⑵ 活動実績報告書については毎年度3月20日まで

(補則)

第11条 この要綱において別に定めることとされている事項及びこの要綱の施行に関し必要な事項は,産業観光局長が定める。

   附 則

 この要綱は,平成22年4月1日から施行する。 

   附 則

 この要綱は,平成23年4月1日から施行する。

 

京の山杣人(そまびと)工房事業モデル工房補助金交付要綱の別表及び様式集

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

関連コンテンツ

林業振興課が所管する要綱等

お問い合わせ先

京都市 産業観光局農林振興室

電話:【農林企画課】075-222-3351【林業振興課】075-222-3346

ファックス:【農林企画課】075-221-1253【林業振興課】075-221-1253

フッターナビゲーション