スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市左京区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】左京区役所は地域の安心安全に係る運動を応援します!

ページ番号286442

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年6月30日

左京区役所は地域の安心安全に係る運動を応援します!

左京区では,「世界一安心安全・おもてなしのまち京都 市民ぐるみ推進運動」の一環として,昨年に引き続き,下記のとおり各種安心安全の推進運動に取り組みますので,お知らせします。

                               記

1 防犯啓発物品等支給・活動費支援事業(自転車盗対策等)

⑴ 事業目的

左京区では刑法犯の認知件数の約半数が「自転車盗」であり,さらには多数の大学が

あるため,大学生が被害に遭われる事案が多く発生しています。自転車盗を防ぐため,

物品の支給と補助金の交付による支援を行います。

⑵ 物品の支給

 自転車盗対策に必要な啓発用エコバック,啓発用ポケットティッシュ,ワイヤーロッ クを支給します。

啓発用エコバック


啓発用ポケットティッシュ


ワイヤーロック

⑶ 補助金の交付

 「自転車盗対策」※1に必要な啓発やパトロールに必要な物品等の費用の5分の4※2を補助します。

※1 「自転車盗対策」に限らず,地域の防犯,子どもや女性,高齢者,学生,観光客の安全対策に

要する費用など幅広く対象といたします。

※2 上限10万円,交付決定通知後の経費が補助対象となります。

⑷ 対象者

左京区内で活動する町内会などの地域住民で構成される団体

⑸ 申請手続

左京区役所地域力推進室まちづくり推進担当で配布する申請書※1に必要事項を記入し,必要書類※2

を添付のうえ,郵送又は持参してください。

 ※1 以下から申請書のダウンロードが可能です。

 ※2 物品支給の場合は,活動計画書を添付してください。

補助金交付の場合は,団体の規約等活動の内容が分かるもの及び,補助金収支予算書を添付してください。

⑹ 募集期間

令和3年7月1日(木曜日)から順次受付開始(上限数量,上限額に達し次第終了)

⑺ その他

  ・申請前に実施要綱等を御確認ください。

  ・支給決定後のキャンセルは原則できません。

  ・転売,業務使用を目的とした申請はできません。

  ・物品,予算に限りがあるため,申請いただいても支給できない場合があります。

2 防犯機能付き電話機支給事業(特殊詐欺対策)

⑴ 事業目的

 全国的に特殊詐欺被害の多くは,自宅の固定電話の受電をきっかけとしていること及び,新型コロナウィルスに便乗した特殊詐欺被害の事案も発生していることから加害者との接触を回避できる防犯機能付き電話機を支給し,特殊詐欺被害の撲滅を目指します。

⑵ 支給物品…防犯機能付き電話機

着信時に相手方への警告メッセージ再生機能,通話内容自動録音機能,受話拒否機

能などの特殊詐欺被害防止機能を有した電話機(FAX機能はありません)

※パナソニック VE-GD36DL又は同等品を予定しております。 

⑶ 支給条件

以下の要件を全て満たす方が支給の対象となります。

  ・左京区内に住所を有し,現に居住していること。

  ・申請時において65歳以上の者であること。

  ・現在使用している電話機の電話線がモジュラージャックに対応していること。

   ※電話線の端子でプラスチック製のプラグに抜け落ち防止のツメが付いたもの

  ・自らの責で防犯機能付き電話機の設定作業・修理ができること。

  ・京都市暴力団排除条例第2条第4号に規定する暴力団等又は

   同条第5号に規定する暴力団密接関係者ではない者であること。

  ・過去に当該事業の支給決定を受けた方及び,その同一世帯の方は支給対象とはなりません。

⑷ 支給手続について

 左京区役所地域力推進室まちづくり推進担当で配布する申請書※1に必要事項を記入

し,必要書類※2を添付し,郵送又は持参してください。

※1 以下から申請書のダウンロードが可能です。

※2 防犯機能付き電話機の場合は,本人及び防犯機能付き電話機の設置する所在地が確認できる書類

(運転免許証などの身分証明書)の写し

⑸ 募集期間

令和3年7月1日(木曜日)から順次受付開始(予定台数に達し次第終了)

⑹ 選考方法

  毎月月末を締切とし,書類選考を行います。

  申請数が支給予定数を上回った場合は,抽選とします。

⑺ その他

  ・申請前に実施要綱等を御確認ください。

  ・支給決定後のキャンセルは原則できません。

  ・転売や業務使用を目的とした申請はできません。

 

3 木製啓発物品支給事業

⑴ 事業目的

左京区の面積の約8割を占める森林は,木材需要の減少や高齢化により手入れが行き届いておらず,景観や防災面など森林が有する多くの機能が十分に発揮されていない状況にあります。

 そこで,安心安全に係る啓発物品を「木」にすることで,地域の安心安全の実現と併せて,左京区の未来を「気」にするきっかけづくりとなることを目的とします。

⑵ 支給物品

 a “き”を付けるキーホルダー … 500個(支給予定総数)

   鍵と木を身に付け,自転車盗に気を付けていただくキーホルダー

  

 b “き”が付くマグネット … 500個(支給予定総数)

  電話のメモやハガキを冷蔵庫等に付けると同時に「特殊詐欺かもしれない」と気が付くきっかけとなるマグネット

 

 c “き”を引く定規 … 200個(支給予定総数)

  子どもの安心安全のキーワード「いかのおすし」を印字し,線を引くだけでなく,

  周囲の気を引くとともに,安心安全を気にしていただく定規

 

 d “き”にかけるゴムホルダー… 500個(支給予定総数)

  輪ゴムをかけると同時に,放火火災予防も気にかけるゴムホルダー

 

 e “き”にしすぎコースター … 500個(支給予定総数)

   素材,デザインともに木であることに加え,安心安全に係る様々な内容を盛り込んだ,

   まさに“き”にしすぎなコースター


a ❝き❞を付けるキーホルダー
(左京区産の木材を使用しています)


b ❝き❞が付くマグネット
※こちらのグッズは左京区産の木材を使用していません


c ❝き❞を引く定規
※こちらのグッズは左京区産の木材を使用していません


d ❝き❞にかけるゴムホルダー
(左京区産の木材を使用しています)


e ❝き❞にしすぎコースター
※こちらのグッズは左京区産の木材は使用していません

⑶ 対象者

左京区内で活動する町内会などの地域住民で構成される団体

⑷ 申請手続

左京区役所地域力推進室まちづくり推進担当で配布する申請書に必要事項を記入

し,必要書類を添付の上,郵送又は持参してください。

 ※ 以下から申請書のダウンロードが可能です。

⑸ 募集期間

 令和3年7月1日(木曜日)から順次受付開始(予定数量に達し次第終了)

⑹ その他

   ・申請前に実施要綱等を御確認ください。

   ・支給決定後のキャンセルは原則できません。

   ・転売・業務使用を目的とした申請はできません。

   ・物品に限りがあるため,申請いただいても支給できない場合があります。

4 問合せ・申込み

 〒606-8511

  京都市左京区松ケ崎堂ノ上町7番地の2

  左京区役所地域力推進室まちづくり推進担当

  電話:075-702-1029

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 左京区役所地域力推進室

電話:庶務075-702-1001 防災・統計・選挙・企画・広報075-702-1021 まちづくり075-702-1029

ファックス:庶務・防災・統計・選挙・企画・広報075-702-1301 まちづくり075-702-1303