スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市左京区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「左京・地域ゆかりの文化発信・継承プロジェクト」進行中!~ 現在,進行中の取組内容をご紹介します ~

ページ番号254177

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年7月2日

お知らせ

令和元年7月2日

左京区役所(担当:地域力推進室 電話:702-1021)

「左京・地域ゆかりの文化発信・継承プロジェクト」進行中!~ 現在,進行中の取組内容をご紹介します ~

 左京区では,左京区の各地域において継承されてきた伝統行事,郷土料理等,地域ゆかりの文化の魅力を区内外へ発信するとともに,50年後,100年後まで継承していけるよう,平成30年度に「左京・地域ゆかりの文化発信・継承プロジェクト」を立ち上げ,「左京・地域ゆかりの文化実行委員会」(委員長:上杉和央京都府立大学文学部准教授)を中心に,様々な取組を進めています。

 この度,その中から,現在進行中の2つの事業を御紹介します。今後も,詳細が決まり次第,広く皆様にお知らせしていきます。

左京区役所×京都学・歴彩館

1 「左京・地域の伝承調べ隊講座」 新規開講! 「お宅にある古い写真から地域の“伝承”を発見!」

~京都府立京都学・歴彩館と協働し「府民協働連続講座」(※)として実施します~

(1)内容

 お宅にお持ちの古い写真(伝統行事,生活風景,子どもの遊びの写真)をお持ちいただき,専門家と一緒に御自身の地域のかつての暮らしや伝統行事について学びます。その中で,古い写真の撮影年代を判別する技術を身に付けていただき,自らの地域のことを調べる楽しさを体感いただきます。

(2)日時・テーマ
 

  日時

*時間はすべて午後2時から4時

テーマ 申込期限
第1回 8月2日(金曜日) 季節の行事・風習 6月21日(金曜日)~7月19日(金曜日)
第2回 9月14日(土曜日) 日常の暮らし 7月22日(月曜日)~8月20日(火曜日)
第3回 9月27日(金曜日) 子どもの遊び 〃
第4回 10月19日(土曜日) 成果発表会 当日まで受付(先着順)

* 1回ごとの参加も可能です。

※ 京都府立京都学・歴彩館「府民協働連続講座」

 京都学・歴彩館において,地域貢献に取り組む市民活動と連携して京都学を発信する講座。府内8団体が参画し,各団体の特色を活かした講座(年間20回)が予定されている。

(3)場所

京都府立京都学・歴彩館 小ホール

(住所:京都市左京区下鴨半木町1-29)

(市営地下鉄「北山」駅から徒歩約4分)

(4)講師

中村 治氏(左京・地域ゆかりの文化実行委員会委員,大阪府立大学人間社会システム科学研究科教授)


(5)定員

各回とも25名(先着順)

(6)費用

無料

(7)持ち物

皆様がお持ちの古い写真(アルバム等に貼付されている場合は,剥がさずそのままお持ちください),筆記用具

(8)申込方法

それぞれのテーマごとの申込期限までに,電話,FAX,電子メールからお申込みください。

<申込事項>

 1氏名,2郵便番号・住所,3電話番号,4受講を希望する日時・タイトル

<申込み,問合せ先>

 左京区役所地域力推進室企画担当

 電話:702-1021,FAX:702-1301

 メール:sakyo★city.kyoto.lg.jp

 ※★を@に変更してください。

* 講座終了後の取組(成果の活用等)

 ア 受講者の中で,受講後も引き続き調査(研究)を継続したい方は,「左京・地域の伝承調べ隊員」(仮称)として登録し,講師から助言等を受けながら調査(研究)を続けるとともに,必要に応じて(可能な範囲で)左京区の文化関連事業に協力する。

 イ 講座の中で,受講者が提供した写真や調査した結果のうち価値の高いものは,左京区の文化資産として保存・活用する。

左京区役所×京都府立大学

2 左京区の伝統的な祭礼・行事の「継承」に向けた共同研究 スタート!~京都府立大学地域貢献型特別研究(ACTR アクター)~

 京都府立大学では,府内の地域振興や産業・文化の発展等に貢献することを目的として,府内の自治体,企業,NPO,地域住民等から一般公募した研究テーマ(地域課題)に対し,地域の関係者と協同して調査・研究を実施する京都府立大学地域貢献型特別研究(ACTR)が行われています。今年度,左京区役所が提案した「京都市左京区における地域コミュニティの核としての伝統的祭礼・行事の継承に係る調査研究及び継承に向けた地域・行政・大学連携の仕組みづくり」が上記特別研究の一つに採択されました(京都府立大学の研究課題名は「地域文化財を活用した山間地区コミュニティの維持方策の研究」)。

 今後は,京都府立大学の研究計画書に基づき,両者が連携・協働し,実際に左京区内のいくつかの地域へ訪問しながら,伝統的祭礼・行事の継承に係る調査研究や継承に向けた地域・行政・大学連携の仕組みづくりの検討等を行います。

<左京区役所の研究提案の背景となる現状・課題>

 左京区の各地域で住民によって継承されてきた伝統的な祭礼や行事は,近年,北部山間地域等の各地域で人口減少が続く中,旧態を維持するのが困難となり,このまま推移すれば,将来,貴重な文化財が失われる恐れがある。地域コミュニティを支えてきた伝統的な祭礼・行事が失われることは,地域そのものの存続に影響することであるが,住民だけでこれらの課題に向き合うことには限界がある。「文化財」について,地域振興,観光振興を通じた地方創生への貢献など「活用」の側面が期待される中,伝統的な祭礼・行事の継承について,地域コミュニティの維持・活性化との関わりの中で実態を把握するとともに,第三者(大学,行政等)との連携の下で地域住民が主体的に考え,行動できる環境づくりをしていく必要がある。


<参考>

○「左京・地域ゆかりの文化発信・継承プロジェクト」とは

 左京区の伝統行事,郷土料理等,地域ゆかりの文化の魅力を区内外へ発信するとともに,50年後,100年後まで継承されるよう,「左京・地域ゆかりの文化」に係る情報の「集約」,「発信」,文化の「継承」を目標の柱として,様々な取組を実施している。

○「左京・地域ゆかりの文化実行委員会」とは

 上記のプロジェクトを推進していくため,「左京・地域ゆかりの文化」に関わる学識経験者,関係機関等で構成する委員会

                         (五十音順,敬称略)

委員名簿
  氏名役職 
 ◎上杉 和央京都府立大学文学部准教授
 宇野日出生京都市歴史資料館主任
 鈴木 暁子京都府立大学京都地域未来創造センター上席研究員
 ○伊達 仁美京都造形芸術大学歴史遺産学科教授
 中村  治大阪府立大学人間社会システム科学研究科教授
 池内 正貢左京区長
 中川 慶太文化市民局文化財保護課長
 福持 昌之文化市民局文化財保護課文化財保護技師
〔◎は委員長,○は副委員長〕

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 左京区役所地域力推進室

電話:庶務075-702-1001 防災・統計・選挙・企画・広報075-702-1021 まちづくり075-702-1029

ファックス:庶務・防災・統計・選挙・企画・広報075-702-1301 まちづくり075-702-1303