スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市左京区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

介護保険の保険料

ページ番号133993

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年4月18日

介護保険では,加入する全ての人に保険料を納めていただきます。保険料は,第1号被保険者(65歳以上の方)と第2号被保険者(40歳以上65歳未満の方)で,算定方法や納め方が異なります。

算定方法や納め方

第1号被保険者(65歳以上の方)の場合

第1号被保険者の保険料は,3年ごとに,市内で必要な介護保険サービスに必要な費用を見積り,65歳以上の方の保険料で負担すべき分を65歳以上の方の人数で割って基準額(平成30~33年度は79,200円(月額6,600円))を決めたうえ,所得に応じて11段階(基準額の0.375倍~基準額の2.35倍)の保険料額を決定します。

詳しくは,保健福祉局健康長寿のまち・京都推進室介護ケア推進課のページを御覧ください。

保険料は,年額18万円以上の老齢・退職・障害・遺族年金を受給されている方(年度途中に65歳になられた方,京都市に転入された方などを除く。)は年金から引落し(特別徴収)で,その他の方は口座振替や納付書で納めていただきます。

※ 65歳の誕生日の前日の属する月の分から納めていただきます。

※ 年度の途中で65歳になったり,京都市に転入したときは,当分の間は年金からの引落し(特別徴収)ができません。(特別徴収を始める際に市からお知らせします。)

第2号被保険者(40歳以上65歳未満の方)の場合

第2号被保険者の保険料は,加入している公的医療保険の算定方法に基づいて計算されます。(給料・所得によって異なります。)

保険料は,公的医療保険料の一部として,国民健康保険の場合は世帯主が,健康保険組合・協会けんぽ等の場合は被保険者が一括して納めていただきます。 詳しくは,加入している公的医療保険にお尋ねください。

保険料を滞納していると

特別な事情もなく保険料を滞納していると,次のような措置をとります。

なお,特別な事情で保険料の納付が困難になった場合には,保険料が減額又は免除される場合があります。詳しくは,健康長寿推進課まで御相談ください。

 

[保険料を滞納してから1年以上経過してしまったとき]

サービスを利用したとき,かかった費用の全額を一旦サービス提供事業者にお支払いいただきます。自己負担分以外の保険給付額については,健康長寿推進課に申請していただいた後に支給いたします。

 

[保険料を滞納してから1年6か月以上経過してしまったとき]

サービスを利用したとき,かかった費用の全額を一旦サービス提供事業者にお支払いいただきます。自己負担分以外の保険給付額について,支給申請があっても,その支払を一時差し止めます。
また,差し止めた保険給付額から滞納している保険料相当額を差し引くこともあります。

 

[時効によって納付義務が消滅した未納保険料があるとき]

保険料が納められないまま時効(2年)にかかると,納付義務が消滅した期間などに応じて,サービスを受けるときの自己負担の割合が引き上げられるほか,高額介護サービス費や特定入所者介護サービス費が受けられなくなります。

・自己負担割合が1割又は2割の方…3割負担に引上げ

・自己負担割合が3割の方     …4割負担に引上げ

 

[差押えなどの滞納処分]

滞納となった保険料に対しては,納期限から約25日経過後に督促状を送付します。督促状を受け取ってなお納付されない場合は,差押えなどの滞納処分を行うことがあります。

窓口

健康長寿推進課(2階24番窓口)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

左京区役所 保健福祉センター 健康福祉部 健康長寿推進課
高齢介護保険担当
電話:075-702-1069
ファックス:075-702-1316