スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市中京区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】中京区制90周年記念事業 中京区のシンボルマークを決定しました!

ページ番号255760

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年8月30日

広報資料

令和元年8月30日

中京区制90周年記念事業 中京区のシンボルマークを決定しました!

 中京区民ふれあい事業実行委員会90周年記念事業検討部会では,区制90周年という節目の年を契機に,区民の皆様により一層中京区に愛着を持っていただくため,シンボルマークを募集したところ,合計110点にのぼる,多くの御応募をいただきました。

 この度,中京区民ふれあい事業実行委員会90周年記念事業検討部会における厳正な審査の結果,中京区のシンボルマークを決定しましたのでお知らせします。

1 ロゴマークについて

(1)ロゴマーク


(2)今後の活用方法

 このロゴマークは,今後,継続的に中京区が発行する各種広報物,ホームページ等のウェブ発信,関連グッズなどで広く活用させていただきます。

2 応募状況等

(1)募集期間

平成31年3月15日(金曜日)から令和元年5月15日(水曜日)まで

(2)応募作品数

110作品

3 選定結果

・ 最優秀賞 1名

・ 優秀賞  5名

・ 特別賞  2名

(1)最優秀賞(1名)

作者:福森 瑠奈(ふくもり るな)さん(京都市右京区在住)

【作者による作品の説明】

 「中京」の文字を抽象的に表したマークです。背景を黄みがかった色にすることで「中」の字を月のように見立て,「京」の字は平安時代の貴族が頭に被っていた冠に見立て,色には黄色の補色であり,高貴な色とされた紫色を用いました。現代を生きながらも,歴史的な背景を感じることができる建物などが多く残されている中京区のまちを表現するため,どこか歴史や物語性を感じることができるようなデザインを目指しました。一目では何を表現しているのか理解し難いデザインにあえてすることで,より印象深く,記憶に残るマークになればと思います。

(2)優秀賞(5名)

【1】作者:居関 孝男(いせき たかお)さん(京都市西京区在住)

【作者による作品の説明】

 「中京区」の『中』を用いて,京友禅の反物が川でさらされる様を表わしました。織り成す様から行政と区民のつながり,そしてこれからも続いて行く長年の歴史をイメージさせてあります。

【2】作者:鈴木 朝渚(すずき あさな)さん(京都市上京区在住)

【作者からの作品の説明】

 古き良き伝統が息づく部分と,常に新しい文化が生まれる先進的な部分が交わり合うイメージを中心の重なり合う楕円形で表しています。紫が伝統で緑色が先進のイメージです。色味も京都らしさと活力のある感じを考慮しました。また様々な文化が交じり合いながらも常に中心には人がいるという意味を込めて人を連想させる形で中京区の「中」を形作っています。
【3】作者:明石 理惠(あかし りえ)さん(京都市中京区在住)

【作者からの作品の説明】

 京都経済の中核として輝かしい黄金色,歴史・文化溢れるまちとして高貴色の紫で中京区を表現しました。モチーフは,手をたずさえ中京区の発展に団結を誓う人をイメージ。形態は中京の「中」とし,一目で中京区と認識されやすくなるようデザインしています。
【4】作者:芦田 為美(あしだ ためよし)さん(京都市北区在住)

【作者からの作品の説明】

 中京区に訪れた人達の笑顔,区民の爽やかな笑顔を中京区の「中」の形で表現しました。
【5】作者:渡邉 豊恵(わたなべ とよえ)さん(京都市伏見区在住)

【作者からの作品の説明】

 中京区の頭文字である 「中」をモチーフにデザインをしました。「中」の文字には,左右から人々が支えあっている様子を表現し,文字色は,「新しい」という意味を持つ若草色を使うことで,これまでの歴史や文化を大切にしつつ,今に立ち止まることなく,人々が手をとり合い,更なる発展ある街に進化するように願いを込めています。

(3)特別賞(2名)※18歳以下の方の作品の中から選定

【1】作者:小森 洋希(こもり ひろき)さん(京都市西京区在住,17歳)

【作者からの作品の説明】

 京都をイメージした円。京都は紫色のイメージが強いため,円を紫色にしました。その円の中心部分に身近に感じる中京区の形をデザインしました。
【2】作者:太田 結菜(おおた ゆいな)さん(京都市山科区在住,17歳)

【作者からの作品の説明】

 中京区の観光スポットに京友禅などの着物系が多いと感じ,着物の形にし,歴史に関係する建物が多いので博物館の地図記号をアレンジしてみました。日本の花といえる桜と人で中京という文字を作り博物館の地図記号風の柄にして,着物の形の中にまとめました。

4 表彰等

 令和元年10月20日(日曜日)に開催予定の中京区民ふれあいまつり2019にて表彰式を行い,表彰状の授与及び記念品の贈呈を執り行います。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 中京区役所地域力推進室総務・防災担当

電話:庶務担当075-812-2420 地域防災担当,調査担当,企画担当075-812-2421

ファックス:075-812-0408