スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市中京区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

採蜜見学会を開催し,ミツバチの巣箱から蜂蜜を採取しました

ページ番号157802

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2013年10月3日

採蜜見学会を開催

 10月3日(木曜),中京区役所屋上庭園で飼育しているニホンミツバチの採蜜見学会を行いました。「中京しんぶん」で募集した市民の方約50名を対象に,採蜜作業の見学のほか採れたて蜂蜜のテイスティングを行うとともに,ニホンミツバチが好む植物の育て方教室などを行いました。


多くの方に集まっていただきました

 

 中京区長,京都学園大学の坂本文夫教授の挨拶ののち,早速採蜜作業に入ります。坂本教授による説明を交えつつ,京・みつばちの会のメンバーと区役所職員が巣箱を外し,ミツバチ達が集めた蜂蜜を採取しました。


巣箱を1段分,取り外します


巣箱の天井部分。切り取った巣の一部にも蜜がたっぷり

 今回,市内の障害のある方に対する就労支援の取組拠点である「はあと・フレンズ・ストア」さんとのコラボにより,蜂蜜を使ったお菓子「やつはしスティック」の商品化にも取り組みました。この日,京・みつばちの会の西村事務局長から,はあと・フレンズ・ストアの藤井代表へ,採集した蜂蜜を贈呈しました。この「やつはしスティック」は,10月27日に行われる「中京区民ふれあいまつり2013」の会場で数量限定商品として発売されます。

 中京区役所とコラボした「やつはしスティック」についてはこちら

 


蜂蜜を贈呈しました


「やつはしスティック」

 

 そして,採蜜見学会参加者の皆様には,採れたての蜂蜜を味わっていただきました。「あっさりしていておいしい」と,おかわりを申し出られる方がいらっしゃるほどの人気で,ニホンミツバチ達の集めた蜜は美味しく召し上がっていただけたようです。


蜂蜜のテイスティング

 最後に,ニホンミツバチが好む植物の育て方教室を行ったあと,ボリジやイワダレソウの苗を参加者の皆さんにプレゼントし,採蜜見学会は終了しました。

お問い合わせ先

京都市 中京区役所地域力推進室総務・防災担当

電話:庶務担当075-812-2420 地域防災担当,調査担当,企画担当075-812-2421

ファックス:075-812-0408