スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市中京区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

「京都みつばちガーデン推進プロジェクト」 小学校で出張講座を開催しました

ページ番号136976

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2013年2月25日

「小学校de出張講座」~手作り紙芝居を上演しました~


 2月22日(金曜),区役所が取り組む緑化推進事業「京都みつばちガーデン推進プロジェクト」の一環として,高倉小学校の2年生に対して,まちの緑の大切さを知ってもらうための出張講座を行いました。講師は,中京区役所若手職員の有志で構成する若手職員プロジェクトチームのメンバーと,屋上庭園でニホンミツバチの飼育を行っていただいている「京・みつばちの会」事務局長の西村さん。若手職員手作りの紙芝居や,ミツバチの豆知識講義,○×クイズなどを通して,ミツバチと緑化の関係や緑化の大切さについて楽しく学んでもらいました。

 

【当日のプログラム】

 ・ミツバチde 紙芝居…若手職員手作りの紙芝居「ミッチとサキのふしぎな1日」の上演(ミツバチと緑化の関係について説明)

 ・ミツバチde 豆知識…ミツバチの生態についての豆知識を紹介

 ・ミツバチde ○×クイズ…紙芝居や豆知識の内容の○×クイズ

 

 

◆まずは,若手職員手作りの紙芝居「ミッチとサキのふしぎな1日」を上演。ある朝起きたら体が小さくなってしまっていた女の子サキが,ミツバチのミッチと一緒にミツバチ達の生活を体験する・・・というストーリーを通して,ミツバチの生態やまちなかでの緑化の大切さを伝えました。

 

手作り紙芝居上演中

▲紙芝居に声をあてているのは,画面右端で座っている面々。迫真の演技でした

 

◆紙芝居の後は,「ミツバチde 豆知識」。ミツバチが生涯で集める蜜の量や,巣箱の中での役割分担など,イラストや写真を使って紹介しました。

 


▲豆知識をプロジェクターを使って説明中。児童たちは熱心に聞いています

 

◆「京・みつばちの会」事務局長の西村さんからは,ミツバチの種類や性質について話していただきました。中京区役所屋上で飼育しているニホンミツバチの紹介の後は,児童からの質問「ミツバチはどうやって蜜を集めるの?」や,「ミツバチはどうして黄色なの?」といった質問に答える形で,ミツバチのことについてお話しいただきました。


▲「京・みつばちの会」西村氏による,質問コーナー。児童からは様々な質問がとびだしました

 

◆紙芝居と豆知識で緑化とミツバチについての知識を深めた後は,それらの内容を基にして出題される○×クイズ。○か×か,それぞれの場所に移動して答える形式で進められました。児童たちは正解すると飛び上がって喜んでいました。


▲トラロープの下を移動して,○か×か答える児童たち。ちょっと難しい問題もある中,全問正解の児童もたくさんいました

 

◆最後に,今回の出張講座のお土産として,缶バッジと昨年11月に作成した「京都みつばちガーデン推進プロジェクト」紹介冊子「みつばちガーデン」を児童一人ひとりに手渡しました。若手職員手作りの缶バッジ,児童に喜んでもらえました。


▲缶バッジの絵柄も若手職員の手によるものです

 

 約40分という短い時間でしたが,高倉小学校の児童の皆さんには,ミツバチについて,緑化の大切さについて,楽しく学んでもらえたようです。

 これからの「京都みつばちガーデン推進プロジェクト」の動きにご注目ください!

お問い合わせ先

京都市 中京区役所地域力推進室総務・防災担当

電話:庶務担当075-812-2420 地域防災担当,調査担当,企画担当075-812-2421

ファックス:075-812-0408