スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市南区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

熱中症を予防しましょう!

ページ番号170514

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年7月16日

熱中症にご注意を!!

 暑い季節となりました。気象庁の発表によれば,今年の夏(6~8月)の平均気温は,近畿以南で平年並み~やや高いとの予報です。熱中症にならないよう,十分に注意しましょう。
 特に,高齢者や子ども,高温環境下での労働,運動時は熱中症になりやすく,注意が必要です。熱中症を正しく理解し,予防に努めてください。
 節電のご協力をお願いしていますが,エアコンの控えすぎなどにより熱中症になることがないよう,無理のない節電を心がけ,体調の変化には十分注意してください。

熱中症とは・・

 高温多湿な環境下で,体内の水分や塩分バランスが崩れたり,体温調節機能がうまく働かないことにより,体内に熱がたまり,筋肉痛や大量の発汗,さらには,吐き気や倦怠感などの症状が現れ,重症になると意識障害などが起こります。

 

急に暑くなった日は特に注意!

 気温が高い,湿度が高いなどの環境条件と,体調が良くない,暑さに体がまだ慣れていないなどの個人の体調による影響とが重なることにより,熱中症の発生が高まります。

 

室内にいるときも注意が必要!

 屋外で活動しているときだけでなく,室内で特に何もしていなくても熱中症を発症し,救急搬送されたり,死亡する事例が報告されています。

熱中症の症状

【 軽症 】 めまい,立ちくらみ,大量の発汗,気分が悪い
【 中症 】 頭痛,吐き気,嘔吐,倦怠感,虚脱感
【 重症 】 意識障害,けいれん

熱中症予防のために

熱中症の予防には,「暑さを避けること」と「こまめな水分補給」が大切です!

暑さを避ける

【 室内での注意 】
○扇風機やエアコンで温度を調整
○室温が上がりにくい環境の確保(こまめな換気,遮光カーテン,すだれ,打ち水など)
○こまめな室温確認,WBGT値(※)も参考に
※WBGT値とは,気温,湿度,輻射(放射)熱から算出される暑さ指数で,熱中症予防のために運動や作業の強度に応じた基準値が定められています。「環境省熱中症予防情報サイト」で,観測値(全国で8地点)と予想値(全国各地)が閲覧できます。

【 体調に合わせた対策 】
○通気性の良い,吸湿・速乾の衣服の着用
○こまめな体温測定(特に,体温調節機能が十分でない高齢者,障害のある方,子ども)
○保冷剤,氷,冷たいタオルなどによる体の冷却

【 外出時の注意 】
○日傘や帽子の着用
○日陰の利用,こまめな休憩
○通気性の良い,吸湿・速乾の衣服の着用
○天気の良い日は,昼下がりの外出はできるだけ控える

水分・塩分補給

 室内でも,外出時でも,のどの渇きを感じなくても,こまめに水分・塩分,スポーツドリンクなどを補給する。

熱中症が疑われる人をみかけたら

  1. 涼しい場所へ避難させる
  2. 衣服を脱がせ,身体を冷やす
  3. 水分・塩分を補給する
自力で水が飲めない,意識がない場合は,すぐに救急車を呼びましょう!

熱中症予防リーフレット

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 南区役所地域力推進室まちづくり推進担当

電話:075-681-3417

ファックス:075-671-9653