スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市教育委員会

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】京都市図書館に「子どもの本コンシェルジュ」が誕生!

ページ番号283698

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年4月12日

広報資料

 京都市図書館では,「第4次京都市子ども読書活動推進計画」に基づき,子どもたちに本の魅力を伝え,本に親しんでもらうための様々な取組を行っています。

 令和元年度から2年度にかけては,子どもの読書活動の指南役となる人材を養成する講座を実施し,令和3年4月,京都市図書館に11名の「子どもの本コンシェルジュ」が誕生しました。

今後,子どもの本に関する相談や,子どもたちに向けた取組で中心的役割を担い,読書のための環境をさらに充実させてまいります。

1 子どもの本コンシェルジュ養成講座(第1期)概要(令和元年11月15日(金曜日)〜令和3年2月27日(土曜日)実施)
全10講座
記念講演「AI 時代における子どもと読書」 ,絵本講座Ⅰ,絵本講座Ⅱ,ブックトーク ,最近の子どもの本事情,昔話講座Ⅰ,昔話講座Ⅱ,知識の本 ,中高生への読書のすすめ ,子どもの本と発達心理学

2 講座修了者
京都市図書館司書 11名
※その他,京都市立学校に勤務する図書主任及び学校司書も受講の対象とし,15名が講座を修了しました。
[受講の感想]
・ 2年にわたって専門家の知識や見識を享受し,“子どもの本”と真っ向から向き合うことができました。
・ これからも知識を深め,日常業務でそれを活かし,経験として蓄積して職員間で分かち合いたいです。子どもと“その子のための一冊”をつなげることができるよう努力したいと思います。
・ 絵本の読み聞かせ講座で講師を務めた際に,養成講座で教わった内容を活かすことができました。

3 今後の活動内容
 京都市図書館の「子どもの本コンシェルジュ」(11名)は,講座で学んだ児童サービスの専門性を活かし,子どもひとりひとりに本と出会う喜びを感じてもらえるよう働きかけるとともに,保護者へのアドバイスや学校との連携,後進の育成など,子どもを取り巻く読書環境をさらに充実させる活動を展開していきます。

京都市図書館で4月に実施している「子ども読書の日」記念事業では,その活動の第一歩として,“子どもの本コンシェルジュによる わたしのおススメ「本のもり」”ポスターを作成し,京都市図書館20館と地下鉄各駅で掲示します。

※掲示期間:4月16日(金曜日)〜30日(金曜日) (地下鉄駅は29日(木曜日・祝)まで)

4 問い合わせ先
(公財)京都市生涯学習振興財団 財団本部総務課企画係(京都市図書館)  電話:075-802-3145 担当:森川・尾上

京都市図書館に「子どもの本コンシェルジュ」が誕生!