スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市教育委員会

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】龍谷大学と京都市教育委員会との連携協定の締結について~令和3年4月開校の「京都奏和高校」と高大連携協定を締結~

ページ番号281127

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年2月25日

広報資料

 龍谷大学と京都市教育委員会は,相互の連携協力を推進し,京都の学校教育のさらなる充実や教育上の課題解決に向けて,包括的な連携協定を締結いたします。さらには,本協定に基づく個別具体的な高大連携協定を令和3年4月に開校する京都市立京都奏和高等学校と令和3年3月2日付で締結いたします。

1 経緯
令和3年4月に開校する京都奏和高校では,様々な困りを抱えた生徒がそれぞれに応じた支援を受けながら学習をすすめることや,高校生活のなかで人と関わることで,社会に対する関心も高めていくことを目指しています。

龍谷大学と京都奏和高校は,同じ砂川小学校区にあり,困りを抱えた生徒達にとって,学習のサポートや悩みの相談など,きめ細かな支援を受けることができるとともに,年齢も近く親近感を持った関係を築く経験を重ねることができます。また,大学生にとって,ボランティア活動の場として,生徒との関わりを通して,助け合うこと,支援し合うことの大切さなどを学ぶことで,共生社会の担い手となることを目指して連携協定を締結いたします。

本連携は,龍谷大学と京都市教育委員会の包括協定の一部として位置づけ,このたびの奏和高校との個別具体的な高大連携を発端に,今後,令和5年4月に塔南高校が移転・再編して開校する新しい普通科系高校をはじめ,他の市立学校との連携も検討してまいります。

2 協定締結式について
(1)日 時 令和3年3月2日(火曜日)11時~11時30分
(2)会 場 京都奏和高校2階 交流ホール(京都市伏見区深草鈴塚町13)
(3)出席者 龍谷大学・龍谷大学短期大学部 学長 入澤 崇,京都市教育長 在田 正秀,京都市立京都奏和高校 学校長 高﨑 利明 ほか

3 協定締結式・次第
(1)連携協定の概要説明
(2)龍谷大学学長・京都市教育長・京都奏和高等学校長挨拶
(3)連携協定の締結(協定書に署名)
(4)写真撮影

4 「龍谷大学」と「京都市教育委員会」との包括的な協定の内容
(1)児童生徒及び学生に多様な学習機会を提供すること
(2)学生に教育現場を体験する機会を提供すること
(3)学生による児童生徒の教育活動への支援・協力に関すること
(4)教員の交流・研修に関すること
(5)大学が認める施設の利用について
(6)その他教育に関し必要と認める事項

5 「龍谷大学」と「京都奏和高校」との高大連携協定の内容
(1)京都奏和高校の授業及び自習時間における大学生による質問対応
(2)自習時間における質問対応
(3)京都奏和高校の部活動における大学生による指導助言
(4)地域交流イベントの企画・運営
(5)大学キャンパスツアーでの案内
(6)遠隔教育における授業を受講する場の提供
(7)その他教育に関し必要と認める事項

6 (参考)京都市立京都奏和高校について
伏見工業高校と西京高校の両定時制課程を再編・統合し,令和3 年4 月に開校する,学び直しを充実させた教育活動や様々な困りのある生徒へのサポート体制を特徴とした,昼間・夜間の部制からなる新たな定時制高校。

不登校などで様々な学びの困りがあり,学び直しを求める生徒に,1 クラス20 人程度の少人数教育やICT 教育の活用等を通じて,「わかる」を実感できる教育を展開します。教職員,スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカー等の専門家,ボランティア等が協働して困りのある生徒の学校生活や進路選択のサポートを行います。そのほか,通級による指導,遠隔教育の活用,キャリアセンターや校内居場所カフェの設置等,様々な取組で生徒の学びを支えます。

7 (参考)大学との連携協定の締結状況
今回の連携協定の締結は,包括的な連携協定として31例目,高大連携協定としては8例目となります。

龍谷大学と京都市教育委員会との連携協定の締結について