スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市教育委員会

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】小栗栖中学校区小中一貫教育校の創設に係る“一次統合の校名”の地元要望について

ページ番号278623

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年12月14日

広報資料

 令和7年4月開校予定の伏見区醍醐地域の小栗栖中学校区小中一貫教育校について,地元3学区や関係4小中学校PTAの代表等からなる「小栗栖中学校区小中一貫教育校創設協議会」において,新校舎の建設に伴う小栗栖小学校と石田小学校の一次統合(令和4年~6年度)に係る校名の検討が進められてきましたが,このたび,校名を「石田」とすることを求める要望書が下記のとおり提出されることとなりました。
 
1 校名(一次統合)要望書の提出

(1)日 時 令和2年12月16日(水曜日) 15時00分

(2)場 所 京都市総合教育センター第1研修室(1階)

(3)出席者 小栗栖中学校区小中一貫教育校創設協議会 村井信夫相談役,岩井義男代表,他6名

(4)次 第 出席者の紹介,要望書の提出,懇談

2 要望書の内容

(1)校名の地元案  「石田(いしだ)」

(2)選定の理由
石田小学校の敷地,現校舎を活用した一次統合であり,現在の校名とすることで,小中一貫教育校の開校準備に注力できるため。

(3)その他
・ 一次統合に際しては,対等な統合として両校の特色を融合したより良い教育内容を構築し,小中一貫教育校につながる学校づくりに尽力すること。
・ 小中一貫教育校の校名については,地域住民や保護者の意見も踏まえて検討し,別途,要望する。

<参考>
・ 令和元年12月17日に「小栗栖小学校,小栗栖宮山小学校と石田小学校を統合し,小栗栖中学校と合わせて,できる限り早期(令和7年4月を目途)に施設一体型・小中一貫教育校を新設。新校舎を現小栗栖小学校敷地に整備。」することを求める要望書が,地元3学区及び4校PTA等から教育委員会に提出された。
・ 新校舎の建設期間中(令和4~6年度),石田小学校の現行校舎を活用し,小栗栖小学校と石田小学校を一次統合する予定である。

お問い合わせ先

京都市 教育委員会事務局学校統合推進室
電話:075-371-2009
ファックス:075-371-4355