スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市教育委員会

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】醍醐中央図書館 秋のスペシャルイベント 講演「黎明期の日本映画」と弁士付映画上映会

ページ番号274408

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年8月26日

広報資料

令和2年8月26日

醍醐中央図書館 秋のスペシャルイベント 講演「黎明期の日本映画」と弁士付映画上映会

 このたび醍醐中央図書館では秋のスペシャルイベントとして,講演「黎明期の日本映画」と活動弁士(カツベン)付の映画上映会を行います。活動弁士とは無声映画の説明者で,サイレントとトーキーの狭間で独特の存在感を放ち,近年では映画の題材にもなっています。

 映画と縁の深い京都ならではのイベントです。ご来場を心よりお待ちしております。

1 日 時
令和2年10月11日(日曜日) 午後2時30分から午後4時30分まで(開場は午後2時)

2 場 所
京都市醍醐交流会館ホール(京都市伏見区醍醐高畑町30-1 パセオ・ダイゴロー西館2階地下鉄「醍醐」駅 1番出口すぐ)

3 定 員
先着100名(事前申込制)

4 申込方法
受付開始日:令和2年9月14日(月曜日)午前9時30分
来館もしくは電話かFAX(FAX申込の際は以下の項目を明記)

【1. イベント名 2. 氏名及びフリガナ 3.連絡先】
電話:575-2584 FAX:575-2587

5 内 容
(1)講演「黎明期の日本映画」(約30分)
講師/濱口 十四郎 氏(京都の文化を映像で記録する会理事長)

(2)弁士付映画上映会『恋の花咲く 伊豆の踊子』(上映時間87分)
無声映画活動弁士(カツベン)/遊花 氏

6 イベント開催に当たっての新型コロナウイルス感染症対策
・事前申込制による参加者とその連絡先の把握 ・座席の清掃と除菌
・機械換気に加えて出入口の開放による十分な換気
・担当者,参加者へのマスク着用の徹底 ・非接触型体温計による参加者への検温
・座席の間引きによる参加者同士の間隔の確保 ・手指のアルコール消毒の徹底
※新型コロナウイルスの感染拡大状況により中止になる場合があります

《参考》活動弁士
活動写真弁士の略。無声映画時代に舞台袖で俳優のセリフを喋ったり,話の筋を説明した人。国外でも似たような職業は存在したようであるが,日本の活動弁士は単なる映画解説から一種の話芸へと独自の変化を遂げた。

醍醐中央図書館 秋のスペシャルイベント 講演「黎明期の日本映画」と弁士付映画上映会