スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市教育委員会

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】京都芸術教育コンソーシアム(Art-e Kyoto)令和元年度フォーラムの実施について ―新しい時代の芸術教育で育むもの―

ページ番号263405

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年1月16日

広報資料

令和2年1月16日

教育委員会事務局指導部学校指導課(電話:075-222-3851)

京都芸術教育コンソーシアム(Art-e Kyoto)令和元年度フォーラムの実施について ―新しい時代の芸術教育で育むもの―

都合により,急きょ基調講演をとりやめることになり,一部,開催内容を変更しております。ご了承ください。

 

・京都芸術教育コンソーシアム(Art-e Kyoto)の主催により,第8回目となる令和元年度京都芸術教育フォーラムを開催します。

・今回は,奥村 高明 氏(日本体育大学 児童スポーツ教育学部 教授)を講師に招き,将来予測が困難な新しい時代を創造する子どもたちに育むものとは何か,芸術教育の観点から講演していただきます。フォーラムの後半には,大学と小・中学校の協働による具体的な連携実践事例について発表します。

近年注目されている「STEAM教育」においても,教科等の枠を越え,あらゆる分野の知識を融合させながら,課題を発見・解決する力を育成できる「芸術教育」が鍵となっており,新しい学びの可能性を探る機会とします。

 

※京都芸術教育コンソーシアムとは

 芸術系大学の相互連携による教育,研究の発展及び子どもたちへの芸術教育の充実・振興を通じて,芸術創造都市・京都の創生に寄与するため平成24年に発足。京都・滋賀にある5つの芸術系大学,京都市・京都市教育委員会,京都市立小中学校の図画工作・美術教育研究会等で構成される。発足後,大学と小中学校が連携した京都ならではの芸術教育の取組を推進。

※STEAMとは

 Science(科学), Technology(技術), Engineering(工学),Arts(アート)Mathematics(数学)。科学技術の知と芸術的感性の融合。

1.テーマ

新しい時代の芸術教育で育むもの

―将来予測が困難な時代を生きる子どもたちに「必要な力」とは何か―

2.実施日時

令和2年1月21日(火曜日)18:00開会(開場17:30)

〇開会挨拶 

 佐藤 卓也 指導部長

〇基調講演 18:05~18:55

 講師 奥村 高明 氏

 【奥村高明 氏 プロフィール】

 日本体育大学, 児童スポーツ教育学部, 教授。小中学校教諭,美術館学芸員の後,文部科学省教科調査官として学習指導要領の作成に携わる。専門は図画工作・美術教育,鑑賞教育など。『子どもの絵の見方~子どもの世界を鑑賞するまなざし~』(東洋館出版社)『マナビズム―「知識」は変化し,「学力」は進化する』(東洋館出版社)など,著書多数。

〇大学・小中学校の研究発表 19:00~20:10

 発表者 京都市立北白川小学校+京都造形芸術大学/京都市立醍醐中学校+成安造形大学

〇質疑応答  20:10~20:20

〇講評 20:20~20:30

3.会場

京都市総合教育センター

(京都市下京区河原町通仏光寺西入る)

京都芸術教育コンソーシアム(Art-e Kyoto)令和元年度フォーラムの実施について ―新しい時代の芸術教育で育むもの―

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 教育委員会事務局指導部学校指導課
電話:075-222-3851
ファックス:075-231-3117