スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市教育委員会

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

講師の勤務条件等について

ページ番号260369

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年1月16日

常勤講師の勤務条件

★毎日,フルタイムで勤務していただく講師です(休日・祝日・年末年始を除く)。

 

(1)就業時間

  原則,月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時(休憩時間45分を含む)

 

(2)給与等(平成31年4月1日現在実績)

   ・修士課程新卒者:約252,300円(月額)

   ・大学新卒者   :約237,000円(月額)

   ・短期大学新卒者:約212,100円(月額)

   ※上記の金額は,給料,教職調整額,地域手当,義務教育等教員特別手当を含みます。

   ※任用前に職歴等を有する場合は,一定の基準により給料が加算される場合があります。

     ただし,定年年齢を超える場合(満60歳に達する日以降の最初の3月31日の翌日以降),上限額が定まっています。

   ※上記は一例であり,任用される校種により,金額が異なります。

 

   ・期末手当及び勤勉手当:支給条件に応じて支給(6月,12月の年2回)

    ※平成31年4月1日から令和元年12月1日まで常勤講師として勤務した場合に,令和元年12月に支給される金額の目安

    ◇修士課程新卒者:期末・勤勉手当 約547,700円

    ◇大学新卒者   :期末・勤勉手当 約514,500円    

    ◇短期大学新卒者:期末・勤勉手当 約460,800円

 

   ・退職手当:引き続き6月以上の期間を勤務した場合は,一般の退職手当を支給。

    ※平成31年4月1日から常勤講師として勤務し,令和元年9月30日に退職した場合に支給される金額の目安

    ◇修士課程新卒者:約113,900円

    ◇大学新卒者   :約107,000円

    ◇短期大学新卒者:約  95,800円

 

   ・その他諸手当:通勤手当,扶養手当,住居手当等を支給条件に応じて支給。

 

(3)休暇

   ・任用期間に応じて年次有給休暇を付与(年度につき最大20日)。

   ・その他,特別休暇(結婚休暇,服喪休暇等)あり。

 

(4)社会保険等

   ・雇用保険

    任用期間が31日以上6月未満の者うち,退職手当の支給が見込まれない場合適用。

   ・健康保険及び厚生年金保険

    任用期間が2月と1日以上の場合適用。 

    ※上記のうち,健康保険は75歳未満,厚生年金保険は60歳未満が適用対象。

   ・介護保険

    健康保険被保険者のうち,40歳以上65歳未満の場合適用。

非常勤講師の勤務条件

★担当する授業の時間等に応じて勤務していただく講師です。

 

(1)就業時間

  担当する授業の時間数(時間割)による。

 

(2)給与等(平成31年4月1日現在実績) ※一例

   ・週27時間勤務の非常勤講師      :186,550円(月額)

   ・授業コマ数に基づく任用の非常勤講師 :10,250円×週当たり授業時数(月額)

   ・勤務時間数に基づく任用の非常勤講師:7,200円×週当たり勤務時間数(月額)

 

(3)休暇

   ・任用期間や勤務時間に応じて年次有給休暇を付与(年度につき最大15日)。

   ・その他,特別休暇(有給・無給)あり。

 

(4)社会保険等

   ・雇用保険

    1週間の所定労働時間が20時間以上,かつ任用期間が31日以上の場合適用。

   ・健康保険及び厚生年金保険

    1週間の所定労働時間が週27時間以上,かつ2月と1日以上の任用期間がある場合や,

    1週間の所定労働時間が20時間以上,かつ1年以上の任用が見込まれる場合適用。

 

  ※なお,具体的な勤務条件については,任用時の勤務条件承諾書により確認してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 教育委員会事務局総務部教職員人事課

電話:075-222-3779

ファックス:075-222-3759