スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市教育委員会

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】令和2年度京都市立学校教員採用選考試験結果について

ページ番号258132

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年9月20日

広報資料

令和元年9月20日

教育委員会事務局総務部教職員人事課(電話:222-3779)

令和2年度京都市立学校教員採用選考試験結果について

1.概要

(1) 1,798名の志願者から322名を内定。(志願者倍率5.6倍)

(2) 面接官としてPTA,青少年団体,民間企業等に参画いただくなど,「市民ぐるみ・地域ぐるみ」で育む本市教育の強みを最大限に生かした選考により,幅広い層から本市教育の未来を切り拓く多様な人材を確保。

2.特徴

〇 幅広い層から多様な優れた人材を確保

 (1)新学習指導要領の実施を見据え,英語教育充実に向けた有為な教員の確保

  • 小学校での英語活動推進に向け,小学校英語教育推進コースで9名を内定。

 (2)特別選考で多様な人材を確保

  • 国際貢献活動経験者特別選考で1名内定。(小【中米・ホンジュラス共和国】)
  • フロンティア特別選考理数工コースで2名内定。(高理科,高数学)

 (3)本市教育の未来を切り開く若手教員の確保

  大学等推薦制度からの41名をはじめ,現役の大学生・大学院生102名(全体の31.7%)を内定。

 (4)現職教諭や講師など経験豊かな教員の確保

  現職教諭特別選考14名,常勤講師特例(1次試験一部免除)85名など,豊かな経験を持つ教員を確保。

〇京都市独自の教員養成システム出身者の内定

 教員養成の専門学科である市立塔南高校の「教育みらい科」出身者7名,本市が主催する「京都教師塾」出身者102名,本市教育委員会も運営に参画する「連合教職大学院」の出身者6名と京都市の教員養成システム出身者が内定者の約3分の1(重複を除き計115名)を占めた。

高等学校・芸術(書道)で1名を内定

 昭和61年以来の募集を実施。15名が志願し,1名を内定。

令和2年度京都市立学校教員採用選考試験結果について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 教育委員会事務局総務部教職員人事課

電話:075-222-3779

ファックス:075-222-3759