スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市教育委員会

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

携帯電話に潜む有害情報の危険から子どもを守る行動アピール

ページ番号101477

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2011年6月13日

携帯電話に潜む有害情報の危険から子どもを守る行動アピール

今、「インターネット機能付携帯電話」からの有害情報や不適切な利用によって、子どもたちの命と健やかな育ちが脅かされています。私たちは、「子どもを共に育む京都市民憲章」の理念に基づき、家庭・地域・学校・企業・行政のそれぞれの立場を超えて連携し、

○子どもに有害情報を受発信させず、被害者にも加害者にもさせない社会

○子どもが安心して安全に携帯電話を使うことのできる社会

の実現に向けて、緊急に取り組むべき以下の3項目に対して、責任を持って具体的行動に立ち上がります。

緊急に取り組むべき3項目

1 子どもが使用する携帯電話への適切なフィルタリング設定の導入促進の義務・強化

1 有害情報を排除する社会的機運の向上

1 保護者・子どもへの携帯電話の危険性の周知・モラル指導の強化・徹底

※子ども=18歳未満の者

平成19年12月19日 京都市「子どもの『携帯』利用に関する連絡会議」

 

行動アピールの3項目を受けて、各団体がそれぞれの立場を尊重し、主体的に取り組む具体的行動を宣言します。

<1>私たち市民は、子どもたちが使う携帯電話への適切なフィルタリング設定を義務化することはもとより、有害情報を排除する社会的機運を高めます。

  • 子どもが持つ携帯電話への適切なフィルタリング設定の義務化に向けた署名活動等を行い、関係機関へ法的規制を働きかける。
  • 販売店に対し、子どもが使う携帯電話には適切なフィルタリングを初期設定することを要請する。
  • 悪質な有害情報発信に対しては、関係機関と連携して危険性を公表し、情報発信を止めるよう要求する。

<2>携帯電話会社は、市内の販売店で、子どもと保護者に携帯電話でアクセス可能な有害情報に関する危険性を説明するとともに、インターネット機能を付ける場合は、親権者の意思を確認し、適切なフィルタリングを設定します。

  • 携帯電話によるインターネットの有害情報に関する危険性を訴える啓発チラシを配布し、広報活動を展開する。
  •  京都市内全ての各事業会社専門の携帯電話販売店で、携帯電話の安全な利用に関する相談窓口を設置する。
  •  子どもに携帯電話を販売する場合は、保護者から不要の申告があった場合を除き、フィルタリングを設定する。また、フィルタリングの利用を望まない場合は、適切な保護者の意思確認を行う。

<3>保護者は、子どもが使う携帯電話の危険性に対し、適切なフィルタリング設定の義務化等の規制強化や、携帯電話会社・販売店の緊急な対応を求めるとともに、メールによる誹謗中傷等にも注意を払い、子どもの携帯電話利用についての「注意・見守り・指導」を継続して行います。

  • 子どもが持つ携帯電話への適切なフィルタリング設定の義務化に向けた署名活動等を行い、関係機関へ法的規制を働きかける。
  • 家族で、子どもの携帯電話利用のルール作りや内容を確認する等、その利用に責任を持つ。
  • 子どもの携帯電話の購入契約は保護者が行い、必ず適切なフィルタリング設定を行う。
  • 中学生以下が使う携帯電話は電話・文字メッセージ・居場所確認機能に限定するように努める。
  • 子どもに携帯電話を持たせて登校させない。

<4>学校は、校内への携帯電話の持込禁止等を徹底するとともに、携帯電話会社とも協力し、児童生徒への携帯電話の危険性に関する指導と保護者への情報発信を強力に推進します。

  • 子どもへの携帯電話の危険性を含めた「情報モラル」指導を推進する。
  • PTA等と協力し、あらゆる機会を活用して、保護者向け学習会を積極的に開催する。
  • 校内への携帯電話の持込禁止や使用制限を徹底するとともに、保護者に対しては子どもに携帯電話を持たせて登校させない等の原則を周知徹底する。

<5>行政機関は、携帯電話の危険性とその対策について全力で啓発するとともに、フィルタリングの義務化等の取組を強化します。

  • 携帯電話の危険性とその対策を啓発できるインストラクター等を養成する。
  • 携帯電話会社と連携し、情報処理・モラル指導の専門家を学校へ派遣する等、子どもや保護者への周知徹底を推進する。
  • フィルタリング設定の義務化等の規制強化に向けて取り組む。
  • 携帯電話使用の年齢制限や免許制、年齢に応じた機能制限について研究・検討する。

 

京都市「子どもの『携帯』利用に関する連絡会議」構成団体

京都市PTA連絡協議会・京都「おやじの会」連絡会・京都市地域生徒指導連合会・人づくり21世紀委員会・株式会社NTTドコモ関西・KDDI株式会社・ソフトバンクモバイル株式会社・京都市小学校長会・京都市立中学校長会・京都市立高等学校長会・京都市立総合支援学校長会・京都府警察本部・京都市・京都市教育委員会

京都市 「ケータイに関するアンケート」について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

教育委員会事務局 生涯学習部 家庭地域教育支援担当
電話: 075-251-0456 ファックス: 075-251-1013