スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市交通局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】(お知らせ)地下鉄烏丸線ホームの列車案内表示器の更新及び改札階への新設について

ページ番号305091

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年10月25日

お知らせ

令和4年10月25日

京都市交通局 高速鉄道部電気課(電話:075-863-5275)

地下鉄烏丸線ホームの列車案内表示器の更新及び改札階への新設について

 烏丸線各駅のホームに設置している列車案内表示器(列車の行先や駅への接近状況などをお知らせする機器)については、老朽化が進む中、補充部品が入手できなくなるなど、維持管理が難しくなっていることから、今年度から順次更新しますのでお知らせします。

 この更新の機会を捉え、より見やすく、分かりやすい案内表示へ刷新するとともに、聴覚に障害のある方をはじめとしたお客様からの御要望にお応えし、東西線と同様、改札口付近にも列車案内表示器を新設します。これにより、ホームに加え改札口付近でも、新たに列車の発車時刻や文字による運行情報の発信が可能となり、利便性の向上とともに、災害時等における情報発信の強化を図ります

 新型コロナウィルス感染症の影響により、交通局の経営環境は依然として厳しい状況が続いておりますが、安全性向上の取組については、今後ともしっかりと行い、お客様に安全・安心に地下鉄を御利用いただけるよう努めてまいります。

1 烏丸線ホームの列車案内表示器の更新

 老朽化が進む烏丸線各駅のホーム階に設置されている列車案内表示器について、表示内容をより見やすく、分かりやすい案内表示に変更します。

※北山駅は、視認性を考慮しながら配置を見直すことにより、現状の6台から2台削減し、残りの4台を更新

※四条駅は、更新の機会を捉え、現在、表示器が死角となって見えない北階段下にも1台設置し、4台から5台に増設


2 改札口付近への列車案内表示器の新設

 聴覚に障害のある方をはじめとしたお客様からの御要望にお応えし、東西線と同様、改札口付近に列車案内表示器を新設し、お客様の利便性の向上を図るとともに、災害時等発生時には、文字による情報発信を行い、安全性の向上を図ります。         

※近畿日本鉄道との共同使用駅である竹田駅は除きます。



3 供用開始時期

 令和4年11月初旬に九条駅で供用を開始し、以降、烏丸線各駅で令和6年3月までに順次供用を開始します。

 

【今後の更新予定】

 ・令和4年度:7駅

 (烏丸御池駅、四条駅、五条駅、京都駅、九条駅、十条駅、くいな橋駅)

 ・令和5年度:8駅

 (国際会館駅、松ヶ崎駅、北山駅、北大路駅、鞍馬口駅、今出川駅、丸太町駅、竹田駅)

(お知らせ)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市交通局 高速鉄道部電気課
TEL:075-863-5275
FAX:075-863-5278