スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市交通局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

市バス運転士(委託先職員)及び地下鉄乗務員の新型コロナウイルス感染について

ページ番号284570

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年5月13日

市バス運転士(委託先職員)及び地下鉄乗務員の新型コロナウイルス感染について

 市バス運転士(委託先職員)及び地下鉄乗務員が新型コロナウイルスに感染していることが確認されましたので,

下記のとおりお知らせします。

 本件については,本日発表する京都市内発生患者に含まれる予定です。

1 職員概要

(1)錦林出張所に勤務する市バス運転士(京都バス職員)《職員A》

  (50代,男性,京都市在住)

 

(2)東西線運輸事務所に勤務する地下鉄乗務員《職員B》

  (40代,男性,京都市在住)

2 経過

(1)職員A

  5月 7日(金曜)  最終勤務日

    11日(火曜)  PCR検査受検

    12日(水曜)  陽性判明

 

(2)職員B

  5月 7日(金曜)  最終勤務日(9時から翌日9時までの泊勤務)

    11日(火曜)  PCR検査受検

    12日(水曜)  陽性判明

3 職場における濃厚接触者

(1)職員A

   同じ職場に勤務する職員1名(勤務外で接触)

 

(2)職員B

   同じ職場に勤務する職員2名

4 その他

・  現在のところ,両職場に勤務する他の職員で,発熱等の症状のある職員はおりません。

・ 職員Bは地下鉄の運転業務に従事しており,上記期間中の勤務において,お客様との接触はありません。

・ 市バス及び地下鉄の運行に影響はありません。

 

(参考)

 ○バス車内における感染防止の取組

  ・ バス車内の換気対策として,換気扇を常時稼働させるとともに,車内の一部を開放しています。

  ・ 左最前列客席の使用を禁止しているほか,運転席後部にビニールシートを設置しています。

  ・ 車内の手すりやつり革,座席シート等には抗ウイルス加工を実施しています。

 

 ○地下鉄車内及び駅における感染防止の取組

  ・ 車内の換気装置を常時稼働又は車内窓の一部開放,各駅に設置している換気装置の稼働を行うとともに,

    駅有人改札口に仕切り板を設置しています。

  ・ 車内やトイレに抗ウイルス加工を実施するとともに,駅の階段の手すり等を毎日消毒しています。

  ・ 地下鉄全駅にアルコール消毒液を設置するほか,主要8駅に検温機器を設置しています。

 

○職場における感染防止の取組

  ・ 職員各自で予防対策としてマスク着用・手洗い・うがい・手指消毒を励行するとともに,職場にビニールシートや

    仕切り板を設置する等のハード面の対策を行っています。

  ・ 出勤前及び毎日の始業点呼時に検温を実施するなど,健康状態の確認を徹底 しています。

20210513(お知らせ)市バス運転士及び地下鉄乗務員の新型コロナ感染について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

・交通局自動車部運輸課     TEL:075-863-5132 FAX:075-863-5128
・交通局高速鉄道部運輸課    TEL:075-863-5224 FAX:075-863-5229