スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市交通局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

新型コロナウイルス感染症への対策について

ページ番号266744

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年10月28日

京都市交通局では,新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止や,市バス・地下鉄の運行継続に向けた様々な対策を実施しています。

市バス・地下鉄車両や地下鉄駅の消毒・換気対策等

車両及び駅の消毒措置

市バス・地下鉄車両のつり革・手すり,地下鉄駅のエスカレーターや階段の手すりなど,お客様が触れることが多い場所の定期消毒を実施しています。

車内及び駅の換気対策等

(1)市バス車両

  • 換気扇を常時稼働させるとともに,車内の窓の一部を開放しています。
  • 左最前列客席の使用を禁止しているほか,運転席後部をビニールシートで覆うとともに,右最前列客席の混雑時以外の御利用を控えていただくよう案内文を提示しています。

(2)地下鉄車両及び駅

  • 車両の換気装置の常時稼働又は車内の窓の一部開放を実施しています。
  • 各駅に設置している換気装置を稼働させています。
  • 各駅の有人窓口にビニールシートを設置しています。

車両の抗ウイルス・抗菌加工(全市バス・地下鉄車両対象)

・つり革・手すり・ガラス・座席シート・壁面など車両全般に,抗ウイルス・抗菌効果のあるコーティング剤を噴霧加工しております(全車対応完了)。

・全ての車両には車内外から見えるよう,下図のステッカーを掲出しています。

抗ウイルス抗菌加工のステッカー画像

アルコール消毒液の設置

多くのお客様が御利用されるバスターミナルや地下鉄全駅において,アルコール消毒液を設置しています(47箇所)。

啓発活動の実施

(1)新型コロナウイルス感染症拡大を防ぐための啓発を記載した「交通局ニュース」を,市バス全車内,地下鉄全駅,市バス・地下鉄案内所及び定期券発売所で掲出しています。

(2)市バス・地下鉄車内及び駅構内において,感染症予防に係る啓発放送を実施しています。

交通局職員の感染防止

市バス・地下鉄の運行継続,職員の健康維持,感染予防及び感染拡大防止の観点から,以下の取組を実施しています。

(1)職員の感染予防対策及び健康状態の把握

  • マスク着用・手洗い・うがいの励行
  • 出勤前の検温

※ とりわけ,バス運転士や地下鉄駅職員・乗務員については,毎日の始業点呼時等に感染症予防に関する注意事項の確認や,検温結果をはじめ,健康状態の確認を徹底しています。

(2)接触機会の削減を目的とした取組(対象:本庁に勤務する職員等)

  • 時差出勤制度の導入
  • 在宅勤務制度の導入
  • 土休日への勤務日変更及び休日の振替の実施

市バス・地下鉄案内所等における感染予防対策

市バス・地下鉄案内所及び定期券発売所窓口の感染防止

飛沫感染防止の観点から,市バス・地下鉄案内所及び定期券発売所窓口にビニールシートを設置しています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 交通局企画総務部総務課

電話:(庶務担当)075-863-5031,(調査担当)075-863-5035,(情報管理担当)075-863-5036

ファックス:075-863-5039