スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市交通局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「令和元年度 京都市交通事業経営評価(平成30年度実績に対する評価)」の実施結果について

ページ番号257697

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年9月20日

広報資料

令和元年9月20日

交通局(財務課 電話863-5080)

「令和元年度 京都市交通事業経営評価(平成30年度実績に対する評価)」の実施結果について

 交通局では,「京都市行政活動及び外郭団体の経営の評価に関する条例」に基づく行政評価として,「京都市交通事業経営評価」(以下「経営評価」という。)の実施結果を公表しましたのでお知らせします。

1 経営評価について

⑴目的

 交通局では,「市民の暮らしとまちを支える市バス・地下鉄」という役割をしっかりと果たしていくため,令和元年度から10年間の経営の基本方針等を取りまとめた「京都市交通局市バス・地下鉄事業経営ビジョン」(以下「経営ビジョン」という。)を平成31年3月に策定しました。

 経営ビジョンの策定を踏まえ,将来にわたる安定的な事業運営を目指し,事業・財政の両面から的確な経営判断を行っていくことを目的として,経営評価を実施することとしています。

⑵評価手法

 各年度運営方針に掲げた取組項目の「実施状況」評価(下図1)と,経営ビジョンに掲げた5つの事業戦略(7つの評価項目)※ごとの単年度目標の「達成状況」評価(下図2)を基本に,評価項目ごとの状況を総合的に勘案し総合評価を行います。(下図3)


 

※ 経営ビジョンに掲げる5つの事業戦略のうち,「事業戦略1 安全運行の確保」及び「事業戦略5 経営基盤の強化」については,市バス・地下鉄各事業の評価を行うことから,合計で7項目を事業戦略の達成状況の評価対象としています。

2 評価結果について

評価結果は,「A」評価3項目,「B」評価4項目,「C」評価0項目となりました。

詳細は下記PDFデータ「令和元年度京都市交通事業経営評価(本編)」を御参照下さい

事業戦略及びこれに基づく目標等並びに評価結果一覧

  5つの事業戦略

         目標・目指す状態(◆印の7項目)

総合評価

1 安全運行の確保

◆市バス:

・重大事故件数ゼロ

・走行10万キロ当たり有責事故件数について過去最小値を下回ることを継続

  B

◆地下鉄: 

・有責による運転事故及び輸送障害ゼロ

  B

2 より質の高い 

サービスの提供

◆より質の高いサービスの提供

・お客様の声としていただく「礼状」の件数の増加

・お客様満足度の向上

(新たに実施する「お客様満足度調査」における満足度向上)

  B

3 利便性・快適性の向上

◆利便性・快適性の向上

・地下鉄・市バスお客様数1日80万人の実現

・ICカード利用率

 市バス:令和5年度40% 10年度50%

 地下鉄:令和5年度70% 10年度80%

  A

4 まちづくりへの貢献

◆地下鉄・市バスお客様数1日80万人の実現

 (自動車分担率20%以下に貢献)

 (CO2排出量の削減)

  A 

 

5 経営基盤の強化

◆市バス:

将来にわたり安定運営を継続していくための財政目標の達成(今回は㉚予算との比較)

  B

◆地下鉄:

将来にわたり安定運営を継続していくための財政目標の達成(今回は㉚予算との比較)

  A

「令和元年度 京都市交通事業経営評価(平成30年度実績に対する評価)」の実施結果について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 交通局企画総務部財務課

電話:(予算・決算担当)075-863-5085,(出納担当)075-863-5091,(経営管理担当)075-863-5087,(契約・入札担当)075-863-5095,(財産管理担当)075-863-5096

ファックス:075-863-5099