スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市北区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】船岡山エリアの魅力を伝える情報サイト「FUNAOKA」の開設について

ページ番号289955

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年9月29日

広報資料

令和3年9月29日(水曜日)

北区役所(地域力推進室企画担当 電話:432ー1199)

 北区役所では,令和元年度から船岡山及びその周辺エリアの魅力を広く全国に向けて発信する「船岡山を活かした魅力創出事業」に取り組んでいます。この度,その集大成ともいえる情報サイト「FUNAOKA」を以下のとおり開設しますので,お知らせします。

 当サイトでは,船岡山の基本情報はもちろん,京都通のライター達による,船岡山エリアを中心とした歴史・文化からグルメ,ショッピング,イベントまで多様な記事を掲載・更新し,多彩な魅力があふれる同エリアを紹介します。

 「船岡山エリアのことはここを見れば分かる!」という情報集約サイトとして,地域はもとより,全国の京都ファンに愛され,必要とされる情報発信を行ってまいります。

1 サイト名

情報サイト「FUNAOKA」 https://kyoto-funaokayama.com/外部サイトへリンクします

2 サイトオープン日時

令和3年10月8日(金曜日)午前10時

3 サイト内のメニュー

(1)船岡山の紹介

 「船岡」の名前の由来や,歴史の紹介

(2)船岡山エリアのあれこれ

 京都通のライターによる記事を,内容により「社寺・歴史」,「まちあるき」,「イベント・その他」のカテゴリー分類し,目的に合わせて検索しやすく整理。観光情報をはじめとした多彩な記事を掲載!(サイトイメージ2)

(3)船岡山へのアクセス

 船岡山へのアクセス方法を紹介

(4)船岡山エリアマップ

 「船岡山エリアのあれこれ」で紹介したスポットを,グーグルマップ上で表示

 


 サイトイメージ1

サイトイメージ2

 サイトイメージ2

参考

船岡山とは

 船岡山は,京都市北区にある高さ112メートルほどの小さな丘で,その形が船を伏せたように見えることから「船岡」と呼ばれてきました。平安京へ遷都した第50代・桓武天皇は,船岡山の山頂から山城盆地を見渡し,都を遷すことを決めたと伝わることから「京都始まりの地」とされ,「国見の丘」と呼ばれるとともに,北方守護の神「玄武」が宿るとも伝えられています。

 また,11年にも及ぶ長い戦いが繰り広げられた「応仁の乱」では,山名宗全率いる西軍が船岡山に城砦を築いたとも伝えられています。

 更に,「本能寺の変」の後、豊臣秀吉が船岡山を織田信長の霊地と定めて以来信長公の大切な地と伝えられていたことから,明治8年に織田信長を祀る建勲神社の社地に選定され,明治13年には社殿が新たに造営されるなど,時代時代でその名を刻んできました。

 現在では,山頂から京都の街並みが一望できるとともに,まちなかとは思えない豊かな自然を残し,四季折々に咲く草花や野鳥も訪れることから,気軽なハイキングスポットとして多くの人に愛されています。

 そして,周辺の鞍馬口通や新大宮商店街などには,店主のこだわりが詰まったおしゃれなショップやカフェも点在し,船岡山エリアは,今京都で注目を集めるスポットのひとつとなっています。

船岡山エリアの魅力を伝える情報サイト「FUNAOKA」の開設について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 北区役所地域力推進室総務・防災担当

電話:庶務担当:075-432-1197,地域防災担当:075-432-1199,統計調査担当:075-432-1199,企画担当:075-432-1199

ファックス:075-432-0388