スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】東本願寺前市民緑地整備の工事着手に伴う市道皆山経6号線(車道部分)の閉鎖について

ページ番号290456

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年10月25日

広報資料

令和3年10月25日 建設局(みどり政策推進室 222-4113)

東本願寺前市民緑地整備の工事着手に伴う市道皆山経6号線(車道部分)の閉鎖について

 京都市では,市道と東本願寺所有の緑地を一体的な緑の空間として活用できるよう「市民緑地」として整備することとしております。

 この度,工事着手に伴い,市道の車道部分を閉鎖いたしますので,お知らせします。

※ 都市緑地法に定められた市民緑地制度に基づき,土地所有者との合意の下,民有地の緑化や残された緑地の保全を図るとともに,これらを住民の利用に提供する緑地や広場として確保することで,緑の創出と保全を推進するもの

1 閉鎖の区間

市道皆山経6号線の車道部分

※ 歩道及び自転車通行空間は,工事中もこれまでどおり通行可能です。

※ 市民緑地整備後も,車道部分は多目的広場となり車両の通行ができなくなります。

 

2 閉鎖開始の日時

令和3年11月19日( 金 )午前10時


(参考)東本願寺前の市民緑地整備事業について

 東本願寺前は,緑豊かな空間の下,「下京・京都駅前サマーフェスタ」など,地域の方々と共に京都市,東本願寺をはじめとした関係者が協働して,地域の活性化に向けた取組や活用が展開されています。

 東本願寺一帯がこれまで以上に「賑わい・憩いの空間」「歴史・文化の発信の空間」「修学旅行生などのおもてなしの空間」となり,市民の皆様はもとより,多くの方々に御利用いただける空間を創出するために,京都市道と東本願寺所有の緑地を一体的に「市民緑地」として整備します。

 

1 事業期間

 令和3~4年度  工事

 令和4年度末   供用開始

2 整備面積

 約9,800㎡(京都市道約5,400㎡,東本願寺所有地(緑地)約4,400㎡)

3 事業費

 約5億円

4 備考

 令和元年11月21日 京都市と東本願寺による共同記者会見の実施



広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 建設局みどり政策推進室

電話:075-222-4114

ファックス:075-212-8704

フッターナビゲーション