スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「広沢池公園保存計画」の策定及び広沢池公園の開園について

ページ番号249535

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年3月29日

広報資料

平成31年3月29日

建設局(みどり政策推進室 電話:741‐8600)

「広沢池公園保存計画」の策定及び広沢池公園の開園について

 広沢池は,平安時代である8世紀から10世紀頃に造られたと言われる長い歴史と美しい景観を有する池であり,現在も,夏の灯篭流しや冬の鯉揚げといった季節の風物詩になる行事も行われるなど,人々に親しまれてきました。
 もともと国有地であったところ,平成28年4月に国から譲与を受けてからは本市が水路として管理してきましたが,本市有数の貴重な景観を後世に保全・継承していくため,この度,広沢池公園保存計画を策定し,都市公園として開園しますので,お知らせします。

 

1 開園日

 平成31年4月1日(月曜日)

 

2 公園の概要

⑴  所在地  京都市右京区嵯峨広沢町2 他

⑵  公園面積 約12.1ha

⑶  公園種別 風致公園

 

3 広沢池公園保存計画の内容

⑴  広沢池の保存管理の目標

 平安人も愛でた広沢池の歴史的景観や自然環境を守り,未来に伝える。

⑵  保存管理の基本方針

 広沢池を6つのゾーン(自然環境保全,眺望景観,池畔景観改善,景観活用,池畔植生管理,水面保全)に分け,ゾーンごとの保存管理方策をたて維持管理を行う。

⑶  今後の取組

 開園から概ね5年間で良好な保全管理に向けた改善を行い,以降は良好な管理状態を継続する。

 

4 その他

 広沢池保存計画については,京都市情報館に掲載するとともに,市役所本庁舎等で配布します。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

「広沢池公園保存計画」

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

保存計画について    : 建設局 みどり政策推進室(075-741-8600)
広沢池公園の管理について: 建設局 北部みどり管理事務所(075-882-7019)

フッターナビゲーション