スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

京都市道衣笠緯40号線(通称:氷室道)における異常気象時の通行規制基準改定に関する検討委員会からの答申の提出について

ページ番号235541

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年4月6日

京都市道衣笠緯40号線(通称:氷室道)における異常気象時の通行規制基準改定に関する検討委員会からの答申の提出について

 北区原谷地域と市内中心部を接続する京都市道の衣笠緯40号線(通称:氷室道 北区大北山蓮ケ谷町から大北山原谷乾

町)は,大雨などの異常気象時に,災害の恐れがあることから,約700mの区間を通行規制しています。

 本市では,災害防除工事が完了していることから防災の専門家等で構成する「京都市道衣笠緯40号線異常気象時通行規制

基準改定検討委員会」を設置し,通行規制基準の見直しについて,検討を重ねてまいりました。

 この度,平成30年3月28日付けで,同委員会委員長から,「衣笠緯40号線の異常気象時における通行規制基準の見直し」

に関して,下記のとおり答申が提出されましたので,お知らせします。

答申

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 建設局土木管理部道路河川管理課

電話:075-222-3564

ファックス:075-213-0167

フッターナビゲーション