スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

「ほたる飛遊状況調査報告」を作成しました。

ページ番号131740

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年3月18日

「ほたる飛遊状況調査報告」を作成しました。

ほたる飛遊状況調査報告

 ほたるが生息することは,水と緑が一体となった良好な自然環境が存在することを意味します。この自然環境は人間が生活するうえでも潤いのある優れた環境であり,ほたるの存在は良好な水環境の目安といえます。

 本市では,水共生プランの基本方針である「良好な水環境の実現」に基づく取組として,平成21年度に発足した,ほたるが飛遊する環境の保全・創出に取り組む「京都ほたるネットワーク」と連携し,良好な水環境づくりを進めています。

 この度,市街化が進んだ京都市内においても,ほたるが飛遊できるような良好な水環境が身近にあることを知ってもらうため,京都ほたるネットワークと共に,「ほたる飛遊状況調査報告」を公表することとなりました。

 なお,このほたる飛遊状況調査報告は,京都ほたるネットワークの会員の方々が行った,ほたるの飛遊調査の結果をもとに作成しています。

ほたる飛遊状況調査報告

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 建設局土木管理部河川整備課

電話:075-222-3591

ファックス:075-213-1213

フッターナビゲーション