スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「KYOTO地球環境の殿堂」第13回殿堂入り者の決定について

ページ番号297223

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年4月15日

「KYOTO地球環境の殿堂」第13回殿堂入り者の決定について

「KYOTO地球環境の殿堂」運営協議会及び京都環境文化学術フォーラムでは,世界で地球環境の保全に著しい貢献をされた方々を顕彰するため,「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式を開催するとともに,殿堂入り者等を囲む国際シンポジウムを開催しています。

この度,下記のとおり第13回殿堂入り者が決定しましたのでお知らせします。また,表彰式を,令和4年11月14日(月曜日)に国立京都国際会館において開催します。

 

1 第13回殿堂入り者

⑴  ヨハン・ロックストローム氏(1965年生 スウェーデン)

 【ポツダム気候影響研究所所長】

「人類が生存できる範囲の限界(プラネタリーバウンダリー)」の概念

を提唱するなど,地球環境問題の解決に資する画期的な学術研究で貢献

⑵    村上 一枝(むらかみ かずえ)氏(1940年生 日本)

 【歯科医師,特定非営利活動法人カラ=西アフリカ農村自立協力会代表】

砂漠化と疾病,貧困に苦しむ西アフリカの農村地域において,地域の人々

に寄り添いながら,地域環境と人々の暮らしを両立させる持続可能な社会を

ローカルから支える活動(公衆衛生,環境保全,教育活動等)を継続的に実践

⑶    西岡 秀三(にしおか しゅうぞう)氏(1939年生 日本)

 【公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)参与】

 30年にわたるIPCC,UNEP等での活動を通じて,日本の地球環境

研究(主に気候変動分野)の国際貢献を推進し,洞爺湖G8サミットで日本

が提唱した「国際低炭素社会研究ネットワーク構想」の運営により,アジア

各国をはじめとする国内外の気候政策の科学基盤構築に貢献

 

2 「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式

(1)日時

  令和4年11月14日(月曜日) 午後  

(2)会場

  国立京都国際会館 アネックスホール(京都市左京区宝ヶ池)

(3)内容

  殿堂入り者表彰式,記念スピーチ ほか

  ※詳細については,改めてお知らせします。

3 問い合わせ先

「KYOTO地球環境の殿堂」運営協議会事務局/京都環境文化学術フォーラム事務局

(京都府府民環境部地球温暖化対策課内)

電話:075-414-4708 / FAX:075-414-4705

Eメール:[email protected]

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局地球温暖化対策室

電話:075-222-4555

ファックス:075-211-9286

フッターナビゲーション