スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「ゼロカーボン市区町村協議会」における国への提言提出について

ページ番号282535

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年3月27日

「ゼロカーボン市区町村協議会」における国への提言提出について


 令和元年5月,門川市長が日本の自治体の長として初めて「2050年CO2排出量正味ゼロ(ゼロカーボン)」を目指すことを宣言しました。

 その後,ゼロカーボンを宣言する自治体は全国に広がり,令和3年2月5日には,政策研究や国への提言などを行うとともに,地球温暖化対策を加速させていくため,本市が副会長を務める自治体間組織「ゼロカーボン市区町村協議会」を設立しました。

 この度,国が策定を進めている地域における脱炭素のロードマップに関して,住民に最も身近な立場である市区町村の意見を反映し,ロードマップを実効性あるものとしていくため,協議会において「脱炭素社会の構築に係る提言」を取りまとめ,小泉環境大臣に提出しますので,お知らせします。

1 提言の提出について

(1)日時

  令和3年3月29日(月曜日)午後5時30分から30分程度

  ※ 提言提出後,提出者の4都市の取組紹介及び小泉大臣との意見交換も実施されます。

(2)場所

  環境省大臣室

(3)提出者

  林文子 横浜市長【会長】

  門川大作 京都市長【副会長】

  渡辺美知太郎 那須塩原市長【副会長】

  太田昇 真庭市長【副会長】

2 提言の内容について

  令和3年3月29日(月曜日)午後5時30分以降に京都市情報館の以下のページで公表します。

(URL)https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000256831.html

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局地球温暖化対策室

電話:075-222-4555

ファックス:075-211-9286

フッターナビゲーション