スマートフォン表示用の情報をスキップ

【広報資料】日本初!「脱石炭連盟(The Powering Past Coal Alliance)」への加盟について

ページ番号281229

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年3月4日

京都市は,京都議定書誕生の地,そしてパリ協定の実行を支える「IPCC京都ガイドライン」採択の地として,パリ協定の目指す脱炭素社会の構築に向けて更に貢献していくため,石炭火力発電からの脱却の加速化を目指す国際的な連盟「脱石炭連盟」(略称:PPCA)に日本で初めて加盟することとしましたので,お知らせします(3月3日に開催された同連盟のハイレベル会合「PPCA グローバルサミット」で表明)。

1 「脱石炭連盟(The Powering Past Coal Alliance)」の概要


国連気候変動枠組条約第23回締約国会議(COP23)に合わせて,パリ協定の掲げる目標達成に向け,石炭火力発電からの脱却の加速化を目的に,英国政府及びカナダ政府の主導により,平成29年11月に発足した国際的連盟。加盟団体は,政策や投資を通じた石炭火力発電に頼らない事業の推進や発電の支援などに取り組む。

2 「PPCAグローバルサミット」ハイレベル会合

〇 日時

   令和3年3月3日(水曜日)午前1時~3時(参考:英国時間 3月2日(火曜日)午後4時~6時) 

〇 開催手法

   オンライン

〇 参加者  

   COP26(※)議長のアロク・シャーマ氏をはじめ,加盟国の大臣や地方自治体の長などが参加

   ※ 国連気候変動枠組条約第26回締約国会議。令和3年11月1日~12日に英国・グラスゴーにて開催予定

【参考】 脱石炭連盟の加盟国等(令和3年2月末時点 113団体)

ア 加盟国(34)

地域別

国名

ヨーロッパ(19)

オーストリア,ベルギー,デンマーク,フィンランド,フランス,ドイツ,ギリシャ,アイルランド,イタリア,ラトビア,リトアニア,リヒテンシュタイン,ルクセンブルク,オランダ,ポルトガル,スロバキア,スウェーデン,スイス,英国

オセアニア(5)

フィジー,ニュージーランド,ニウエ,ツバル,バヌアツ

中南米(4)

コスタリカ,エルサルバドル,メキシコ,ペルー

アフリカ(3)

アンゴラ,エチオピア,セネガル

アジア(2)

イスラエル,マーシャル諸島

北米(1)

カナダ

 イ 加盟地方政府・地方自治体(35)

国別

地方政府・地方自治体名

アメリカ(11)

カリフォルニア州,コネティカット州,ハワイ州,ホノルル州,ミネソタ州,ニュージャージー州,ロサンゼルス市,ニューヨーク市,オレゴン州,フィラデルフィア市,ワシントンD.C

カナダ(5)

アルバータ州,ブリティッシュコロンビア州,オンタリオ州,ケベック州,バンクーバー市

韓国(5)

京畿道(キョンギド),仁川(インチョン)広域市,済州(チェジュ)市,ソウル特別市,忠清南道(チュンチョンナムド)

オーストラリア(3)

オーストラリア首都特別地域,メルボルン市,シドニー市

台湾(3)

高雄市,新北市,台中市

フィリピン(2)

北イロコス州,東ネグロス州

英国(2)

スコットランド,ウェールズ

その他(4)

バーデン=ヴュルテンベルク州(ドイツ),バレアレス諸島 (スペイン),プエルトリコ自治連邦区,ロッテルダム市 (オランダ)

ウ 企業(44)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局地球温暖化対策室

電話:075-222-4555

ファックス:075-211-9286

フッターナビゲーション