スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】次期京都市地球温暖化対策計画及び次期京都市生物多様性プランの策定に係る答申の提出について

ページ番号277670

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年11月18日

広報資料

令和2年11月18日

環境政策局(環境企画部環境総務課 222-3450)

次期京都市地球温暖化対策計画及び次期京都市生物多様性プランの策定に係る答申の提出について

 京都市では,京都市地球温暖化対策計画及び京都市生物多様性プランを策定し,各種の施策に取り組んでいます。両計画は本年度をもって計画期間が終了しますが,引き続き,来年度以降も体系的に取組を推進するため,令和元年7月30日に,市長から京都市環境審議会に対して,次期の両計画の策定について諮問し,審議が進められてきました。

 この度,京都市環境審議会から市長に対して,次期の両計画の策定に係る答申が提出されますので,下記のとおりお知らせします。

日時

令和2年11月24日(火曜日) 午前9時~ ※30分程度を予定

場所

京都市役所 北庁舎4階 第二応接室

出席者

京都市環境審議会   笠原 三紀夫 会長(京都大学名誉教授)

同審議会地球温暖化対策推進委員会   仁連 孝昭 委員長(滋賀県立大学名誉教授)

同審議会生物多様性保全検討部会   湯本 貴和 部会長(京都大学霊長類研究所教授)

京都市   門川 大作 市長

       岡田 憲和 副市長

       長谷川 一樹 環境政策局長

       猪田 和宏 地球環境・エネルギー担当局長

参考

 京都市環境審議会は,本市の環境の保全に関する重要事項等を調査及び審議し,意見を述べるため,京都市環境基本条例に基づき設置された市長の諮問機関です。委員は学識経験者等の33名で構成されています。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局環境企画部環境総務課

電話:075-222-3450

ファックス:075-222-3426

フッターナビゲーション