スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】食品ロス削減啓発オリジナルカードゲーム「食品ロスZEROマスター」について

ページ番号275718

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年4月6日

食品ロス削減啓発オリジナルカードゲーム「食品ロスZEROマスター」について

 京都市では,生ごみの4割を占める食品ロス(食べ残し,手つかず食品)の削減をはじめ,市民の皆様にごみ減量への理解と実践を呼び掛ける啓発に取り組んでいます。

 この度,小学生から大人まで幅広い世代が,食品ロスが発生する理由と,発生させないためにどのような行動をとるべきか,楽しみながら学ぶことができるカードゲーム「食品ロスZEROマスター」を作成しましたので,下記のとおりお知らせします。

                                 記

1 目  的  幅広い世代に食品ロス削減について,楽しみながら 学んでいただき,食品ロス削減の気運を更に高めること        

2 プレイ人数  3~5名程度

3 所要時間  1回当たり20分程度

4 対象年齢  小学校高学年以上

        ※ 対象年齢未満でも,対象年齢の方が補助しながら遊ぶことができます。

5 作成数  100組

6 ルール概要

 各プレイヤーに6枚ずつ配布された「食品カード」を,食品ロス削減のテクニックが記載された「ヘルプカード」等の補助カードと合わせて順番に出していき,手元のカードが先になくなった(食品ロスを出さなかった)プレイヤーから順に順位を決定します。

7 カードゲームの活用

 11月2日(月曜日)以降,地域学習会「しまつのこころ楽考(がっこう)」において食品ロス削減をテーマとした講座を行う際などに活用していきます。

8 その他

 以下からカードゲームのデータをダウンロードできます。また,ルール説明動画を公開しています。

カードゲームデータ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ルール説明動画

以下からご覧いただけます。

通常版外部サイトへリンクします  テンポアップ版外部サイトへリンクします

(参考)地域学習会「しまつのこころ楽考(がっこう)」について

1 概要

 本市職員が地域に出向き,食品ロス削減をはじめとしたごみ減量への理解と実践を呼び掛ける啓発活動の一環として,「ごみ減量について楽しく考えよう」をコンセプトに,参加者が7つの学習テーマから学びたい内容を選択・組み合わせることができる地域学習会「しまつのこころ楽考(がっこう)」を開催しています。

2 対象

 市内に在住,通勤・通学する方で,概ね10人以上のグループで申し込むことができます。

3 学習テーマ

 以下の学習テーマ一覧から参加者が選択した内容(複数選択可能)について,各区役所・支所内にあるエコまちステーション等の本市職員による学習会を実施します(テーマ6のみ外部講師)。

学習テーマ一覧

学習テーマ

学習時間の目安

1 食品ロスを減らそう

  学習会のほか,以下が選択できます。

 ・ 小学生向け紙芝居の実演

 ・ カードゲームの実施(11月2日から)

5分~30分

2 京都市のごみの現状としまつのこころ条例

15分~30分

3 身近なことから始めるごみ減量

10分~30分

4 これは何ごみ?

10分~30分

5 こごみアプリを使ってみよう

30分

6 楽しい!使いキリクッキング(調理実習)

90分

(準備等含む)

7 使い捨てプラスチックを減らそう

5分~30分

4 申込み先

 各区役所・支所内のエコまちステーションで随時受け付けています。

(URL)地域学習会「しまつのこころ楽考(がっこう)」について

 http://kyoto-kogomi.net/gakkou/外部サイトへリンクします

お知らせ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

環境政策局循環型社会推進部資源循環推進課
075‐213‐4930

フッターナビゲーション