スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】令和2年度「食品ロス削減月間」の取組~楽しみながら食品ロスを「学び・行動する」~

ページ番号275555

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年9月30日

令和2年度「食品ロス削減月間」の取組~楽しみながら食品ロスを「学び・行動する」~

京都市では平成30年度から毎年10月を「食品ロス削減月間」と定め,市民・事業者の皆様との協働により,食品ロス削減の取組を推進しています。

令和2年度は食品ロス削減について「学び・行動する」輪を一層広げるため,食品ロス削減月間を中心に,新たに楽しみながら食品ロスが学べるカードゲームを作成する等,次の取組を実施します。

≪京都市の食品ロス削減の取組背景≫

➢ 全国で初めて食品ロス削減目標(令和2年度までに5万トン)を設定

➢ 様々な取組を行ってきた結果,

   家庭ごみ H25:3.3万トン → R1:2.5万トン(約25%減)

   事業ごみ H25:3.5万トン → R1:3.6万トン(微増)

➢ 目標達成に向け,さらなる市民・事業者一体となった取組が必要

1 食品ロス削減啓発オリジナルカードゲーム「食品ロスZEROマスター」を活用した啓発【新規】

小学生から大人まで幅広い世代が,食品ロスが発生する理由と,発生させないために取るべき行動を,楽しみながら学べるカードゲームを作成し,地域学習会「しまつのこころ楽考(がっこう)」等で活用します。

2 「京都市食べ残しゼロ推進店舗」スタンプラリーキャンペーンの実施【新規】

食品ロスの削減に取り組む「食べ残しゼロ推進店舗」(飲食店・宿泊施設版・食品小売店版)のうち,協力いただく認定店舗(179店舗(9月28日現在))でスタンプラリーキャンペーンを実施します。期間中,対象店舗を飲食や宿泊,買い物等で利用し,スタンプを3つ集めて応募いただいた方の中から,抽選で対象店舗の商品と引き換えることができる「京都市食べ残しゼロ推進店舗利用券」をプレゼントします。(詳細は「京都市食品ロスゼロプロジェクト」HP外部サイトへリンクします参照)

(1)スタンプ押印期間

令和2年10月1日(木曜日)~11月30日(月曜日)

(応募期限 令和2年12月15日(火曜日) ※当日消印有効)

(2)応募方法

1.対象店舗を利用する際に,スタンプが1つ押印されたキャンペーン専用スタンプ台紙(以下「台紙」という。)を取得する。

2.1店舗目とは異なる対象店舗(2店舗)を利用し,持参した台紙にそれぞれの店舗でスタンプの押印を受ける。

3.スタンプが3つ押印された台紙に,住所,氏名,電話番号を記入のうえ,以下まで郵送して応募する(郵送費用は応募者負担)。

 <応募先>

  住 所:〒604-8187 

  京都市中京区烏丸御池東入る 第一生命ビル7階 株式会社日商社内

  京都市食べ残しゼロ推進店舗スタンプラリーキャンペーン事務局

  電 話:075-211-3505

(3)応募資格

応募規約に同意いただける日本国内在住の方

(4)景品及び当選数

京都市食べ残しゼロ推進店舗利用券 290名

(5,000円×10名,2,000円×80名,1,000円×200名)

オリジナルエコバッグ 300名

※ お一人様につき何度でも応募できますが,当選は一度とします。

※ 利用券は,対象店舗の商品との引き換えのみ可能です。現金との換金及び釣銭の返金,第三者への譲渡・転売等はできません(利用期限 令和3年2月26日(金曜日))。

※ 抽選結果は,景品の発送をもって代えさせていただきます。

3 「京都市食べキリ宣言」フォトコンテストの開催【新規】

家庭や飲食店で完食した料理の食器と笑顔の写真をInstagram(インスタグラム)に投稿のフォトコンテストを開催します。

ハッシュタグ「#京都市食べキリ宣言」を付けて投稿いただいた方のうち,「いいね」の数が多い上位80名及び抽選で20名に賞品をプレゼントします。

詳しくは,インスタグラム「京都市食べキリ宣言」(公式)又は「京都市食品ロスゼロプロジェクト」ホームページを御参照ください。

(1)募集期間

令和2年10月1日(木曜日)~12月31日(木曜日)

(2)応募方法

1.インスタグラムで本コンテストのアカウント(@kyoto_tabekirisengen)をフォロー

2.食後の料理(空になった器)と笑顔の写真を撮影しインスタグラムに投稿

3.コメント欄にハッシュタグ「#京都市食べキリ宣言」と入力してシェア

(京都市食べ残しゼロ推進店舗で食事した場合は,併せて「#〇〇店(店名)」も追記いただくと,入選確率がアップ!)

(3)応募資格

・ 応募規約に同意いただける日本国内在住の方

・ インスタグラムのアカウントをお持ちで非公開設定されていない方

(4)審査方法

投稿された写真の「いいね」の数が多い順 (ただし,投稿写真の入選は1アカウントにつき1回まで。)

結果については,インスタグラム「京都市食べキリ宣言」(公式)及び「京都市食品ロスゼロプロジェクト」ホームページで紹介します(令和3年2月中旬頃予定)。

(5)賞品及び入選数

クオカード1,000円分  100名

「いいね」の数が多い上位50名,「京都市食べ残しゼロ推進店舗」での写真の中で上位30名,参加賞20名(入賞者を除く投稿者の中から抽選)

※ お一人様につき作品を何点でも応募できますが,入選は一度とします。

※ 入選者には後日,インスタグラムの公式アカウントから個別にダイレクトメッセージ(インスタグラムのダイレクト投稿機能)により,御連絡します。

4  京都市 × 株式会社Mizkan Holdings 連携事業【新規】「もったい鍋!ガイドブック」の発行及び人気投票キャンペーンの実施

「野菜を無駄なくおいしく食べ尽くす」鍋レシピを紹介する「もったい鍋!ガイドブック」を発行します(令和2年10月1日)。

また,食品ロス削減月間の期間中,「もったい鍋!ガイドブック」に掲載する12レシピから,お好きな1つを選んで投票するキャンペーンを実施。抽選で50名様にミツカン商品詰め合わせを進呈します(応募はこちら外部サイトへリンクします。※10月1日から閲覧できます。)。

詳しくは,こちらの京都市情報館のホームページを御覧ください。

5 「販売期限の延長」の取組拡大【充実】

京都市では,事業者由来の食品ロス削減のため,食品小売事業者が商慣習として定めている販売期限を見直し,賞味期限又は消費期限の範囲内で従来よりも延長して食料品を販売する「販売期限の延長」の取組を推進しています。

平成29・30年度の社会実験(試行的取組)を踏まえ,令和元年10月には,京都市内に店舗を展開している食品スーパー・百貨店47事業者235店舗の御協力により取組を実施しました。

今年度は,コンビニエンスストア及びドラッグストアにも協力いただき,56事業者780店舗で取組を拡大します(事業者及び店舗数は9月25日時点。順次拡大していますので,詳しくは,こちらの京都市情報館のホームページを御覧ください。)。

○「販売期限の延長」について

加工食品の販売期限は,商慣習として製造日から賞味期限又は消費期限までの期間を概ね3等分して設定されている場合(いわゆる1/3ルール)があり,販売期限が過ぎた食品は賞味期限又は消費期限に達する前に店舗から廃棄され,食品ロス発生の要因となっています。

○廃棄削減効果

平成30年度に実施した,市内3事業者10店舗での試行的取組「販売期限の延長等による食品ロス削減効果に関する調査・社会実験」において,販売期限の延長により約32%の廃棄削減効果を確認しました。

令和元年度新たに販売期限を延長した事業者・店舗からは,約3~6割の廃棄削減効果の報告がありました。

6 街頭啓発キャンペーンの実施

食品ロス削減月間において,食品ロス削減に向けた取組の実践と使い捨てプラスチックの削減を目指し,身近な食品スーパー等で,市民の皆様を対象にした啓発キャンペーンを実施します。実施日時・場所等の詳細は,「京都市食品ロスゼロプロジェクト」ホームページを御参照ください。

7 職員向け「フードドライブ」の実施

本市職員が家庭で余っている食品を持ち寄り,フードバンク団体を通じて福祉施設等に寄付をする「フードドライブ」を行います。

日時:令和2年10月28日(水曜日)~30日(金曜日)正午から午後1時まで

場所:市役所分庁舎1階 受付付近

8 その他周知広報

ホームページや街頭啓発キャンペーンのほか,市民しんぶん区版の挟み込み (10月15日号)や食品ロス削減啓発チラシ・ポスターを作成するなど,様々な広報紙・媒体を利用し,食品ロス削減の取組の実践を呼び掛けます。

また,京都市役所分庁舎及びゼスト御池において,次のとおり食品ロス削減に係るパネル展を開催します。

(1)京都市役所分庁舎でのパネル展

日時:令和2年10月1日(木曜日)~10月23日(金曜日)

場所:京都市役所分庁舎1階(受付付近)

(2)ゼスト御池でのパネル展

日時:令和2年10月26日(月曜日)~10月30日(金曜日)

場所:ゼスト御池地下街 寺町広場
※ 各会場の開庁時間又は営業時間中であれば自由に御覧いただけます。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

環境政策局 循環型社会推進部ごみ減量推進課
電   話:075-213-4930
ファックス:075-213-0453

フッターナビゲーション