スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】【お知らせ】京都市長の「世界首長誓約/日本」運営委員会委員長への就任について

ページ番号255918

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年8月8日

お知らせ

令和元年8月8日

環境政策局(地球温暖化対策室 222-4555)

【お知らせ】京都市長の「世界首長誓約/日本」運営委員会委員長への就任について

京都市長の「世界首長誓約/日本」運営委員会委員長への就任について

~気候変動に関する世界最大の自治体組織「世界首長誓約」。その日本地域組織のトップに京都市長が就任!~

 平成31年1月に本市が加盟した,9千以上の自治体が加盟する世界最大の気候変動の自治体連携組織「世界気候エネルギー首長誓約」の日本における地域組織である「世界首長誓約/日本」の第1回運営委員会が,令和元年8月8日に開催(於:東京)されました。

  同運営委員会においては,門川京都市長が互選により運営委員長に選出され,下記のとおり就任することとなりましたので,お知らせいたします。

  今回の運営委員長への就任を契機に,本市では,国内外の自治体との更なる連携強化に努め,引き続き,世界の温暖化対策を牽引してまいります。

1 「世界気候エネルギー首長誓約」について

⑴ 概要

・ 持続可能でレジリエント(強靭)な地域づくりを目指し,持続可能なエネルギーの推進や温室効果ガスの大幅削減,気候変動の影響への適応に取り組み,パリ協定の目標の達成に地域から貢献しようとする自治体の首長が,その旨を誓約し,具体的な取組を積極的に進めていく国際的な自治体連携組織(平成29年1月誕生)

・ 6大陸127箇国から9,209の自治体,日本で21自治体が加盟(令和元年7月時点,本市は平成31年1月16日に加盟)

・ 世界各地域で「地域首長誓約」を展開しており,日本における地域首長誓約組織として「世界首長誓約/日本」が設立

⑵ 加盟自治体が行う誓約の内容

・ 持続可能なエネルギー(エネルギーの地産地消など)を推進する。

・ 2030年の温室効果ガス排出量は,国の削減目標以上の削減を目指す。

・ 気候変動の影響などに適応し,レジリエント(強靭)な地域づくりを目指す。

・ パリ協定の目標達成に貢献する。

2 「世界首長誓約/日本」運営委員会(委員長:門川京都市長)

⑴ 構成

  「世界首長誓約/日本」に誓約した首長及び自治体から構成される環境関連の組織の役員である首長等,10名以内で構成。任期は2年(今期は令和2(2020)年末まで)。

⑵ 所管事項

・ 「世界首長誓約/日本」の運営に関する基本的事項に関すること

・ 「世界首長誓約/日本」の誓約自治体拡充の方法に関すること

・ 「世界首長誓約」との連携に関すること

・ その他「世界首長誓約/日本」の円滑な実施を図るため必要な事項に関すること

⑶ 事務局

  名古屋大学

⑷ 「世界首長誓約/日本」第1回運営委員会

ア 日時

   令和元年8月8日木曜日 11:30~13:30

イ 場所

   KKRホテル東京(東京都千代田区大手町1-4-1)

ウ 主な出席者

   運営委員,来賓(鎌形 浩史 環境事務次官)

エ 主な議題

・ 「世界首長誓約/日本」運営委員長の選出(互選) ⇒ 門川市長が選出

・ 「世界首長誓約/日本」実施要領の決定

お知らせ

お知らせ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局地球温暖化対策室

電話:075-222-4555

ファックス:075-211-9286

フッターナビゲーション