スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「環境マネジメントセミナー」の参加者募集について

ページ番号253325

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年6月26日

広報資料

令和元年6月26日

環境政策局(環境企画部環境管理課 電話 222-3951)

「環境マネジメントセミナー」の参加者募集について ~中小企業でも環境・社会問題解決,ガバナンス強化に取り組まないと,時代に取り残される!?~

 京都市では,市内事業者の皆様に,環境にやさしい取組を継続的,組織的に進めていただくことを目的に,京都発祥の環境マネジメントシステム(以下「EMS」という。)の規格である「KES」の認証取得の推進を図っています。

 この度,その取組の一環として,SDGs時代における企業の社会的責任活動の必要性の解説や,EMSを使った取引先等への対応力・経営力強化の取組について紹介する「環境マネジメントセミナー」を,京都商工会議所の「京商ECOサロン」と共同で次のとおり開催しますので,お知らせします。

 

1 日時

 令和元年7月31日(水曜日)午後3時~午後4時半

2 会場

 京都商工会議所 7-A会議室(京都市下京区四条通室町東入 京都経済センター7階)

3 内容

(1)  講演1「SDGs時代に地域企業に求められる環境・社会・ガバナンス(ESG)の取組について」

ア 講演者:株式会社京都銀行

内容:地域金融機関等をとりまく,SDGsやESGの潮流等についてお話しいただくとともに,金融機関ならではの環境金融商品を紹介いただきます。

イ 講演者:株式会社島津製作所

内容:資材調達の観点から,企業におけるSDGsやESGへの対応の考え 方や,中小企業をはじめとしたサプライチェーンへの展開の方向性についてお話しいただきます。

(2)  講演2「環境マネジメントシステムと企業ガバナンス」

講演者:特定非営利法人KES環境機構

内容:中小企業に取り組みやすい「KES」をはじめとした,企業ガバナンス強化の有効な手段である「環境マネジメントシステム(EMS)」の活用の考え方を御紹介いただきます。

<セミナー終了後>環境経営についての無料相談会

 環境経営全般について,個別で特定非営利法人KES環境機構等との無料相談会を設けます。

4 定員

 60名(先着順) ⇒ご講評につき,可能な限りお申込を受け付けております!

 ※ お申込みいただいた方には,こちらから受付完了の御連絡をします。

5 参加費

 無料

6 申込み

(1) 申込方法

  次のア~エの必要事項を明記のうえ,ホームページ(京都市情報館),FAX,Eメール又は電話でお申込みください。

   ア 氏名                           イ 会社名等

   ウ 住所又は所在地,電話番号,FAX番号    エ Eメールアドレス

  ※電話の受付時間:平日 午前8時45分~午後5時30分

 

申込みフォーム

パソコンからお申込みの方は こちら

携帯電話・スマートフォンからお申込みの方は こちら

(2) 申込期間

  令和元年6月26日(水曜日)~ 7月29日(月曜日)

7 主催・協力

(1) 主催

 京都市,京都商工会議所

(2) 協力

 特定非営利活動法人KES環境機構

京都経済センター アクセスマップ

map

・京都市営地下鉄烏丸線「四条駅」北改札出てすぐ
・阪急電車京都線「烏丸駅」26番出口直結
・京都市営バス「四条烏丸」徒歩すぐ

※来場の際は,公共交通機関を御利用ください。

申込み・問合せ先

 京都市環境政策局環境企画部環境管理課

 〒604-8571 京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488番地

 電話:075-222-3951  FAX:075-213-0922

 Eメール:k-kyosei@city.kyoto.lg.jp

参加募集チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

(参考1) KES(KES・環境マネジメントシステム・スタンダード)とは

 中小規模の組織向けに平成13年から登録を開始した京都発祥の環境マネジメントシステムの規格で,低コストで取り組みやすく,2段階の取組レベルを想定し,あらゆる規模や業種の組織で導入することができます。

 また,最近では社会的責任(SR)に関する要素を取り入れ,環境だけではなく取組の幅を広げた規格も用意しています。

(参考2) KES導入のメリット

 KESを導入し,省資源や省エネルギー等の取組を進めることは,経費の節減だけでなく,従業員の環境意識や企業信用力の向上,法令遵守によるリスク回避などに結びつき,小さなコストで大きな成果につながります。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局環境企画部環境管理課

電話:075-222‐3951

ファックス:075-213-0922

フッターナビゲーション