スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「IPCC第49回総会京都市開催記念シンポジウム 脱炭素社会の実現に向けて~世界の動向と京都の挑戦~」における「1.5℃を目指す京都アピール」の発表について 

ページ番号251701

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年5月11日

「IPCC第49回総会京都市開催記念シンポジウム 脱炭素社会の実現に向けて~世界の動向と京都の挑戦~」における「1.5℃を目指す京都アピール」の発表について

 京都市が誘致した「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」第49回総会が,5月6日から13日までの間,京都議定書が誕生した国立京都国際会館で開催され,「パリ協定」の全ての締約国が使用する「2006年IPCC国別温室効果ガスインベントリガイドライン2019年改良報告書」(各国の温室効果ガス排出量の算定方法に関する報告書の改良版,いわゆる「IPCC京都ガイドライン」)の承認が目指されています。

 同総会の開催を記念し,5月11日に本市が開催した「IPCC第49回総会京都市開催記念シンポジウム 脱炭素社会の実現に向けて~世界の動向と京都の挑戦~」において,原田義昭環境大臣が出席され,門川大作京都市長ら登壇者が「1.5℃を目指す京都アピール」を発表しましたのでお知らせします。

1 「1.5℃を目指す京都アピール」について

 シンポジウムのクロージングセッション(15時40分頃開始)において,「IPCC   1.5℃特別報告書」を踏まえ,世界の平均気温の上昇を1.5℃以下に抑えるべく,2050年ごろまでに二酸化炭素排出量の「正味ゼロ」に向けて,あらゆる方策を追求し具体的な行動を進めていくことを決意し,世界に向けて呼び掛ける「1.5℃を目指す京都アピール」を発表しました。

 アピールの内容については,別紙を御覧ください。

 

2 「IPCC第49回総会京都市開催記念シンポジウム 脱炭素社会の実現に向けて~世界の動向と京都の挑戦~」について

(1)日時

      令和元年5月11日土曜日 10時30分~18時

 

(2)会場

      国立京都国際会館 アネックスホール

 

(3)内容

  10:30~12:00  

  主催者挨拶

  ・門川大作(京都市長)

 

  特別講演

  ・安成哲三(総合地球環境学研究所所長)

 

  13:00~15:55  

      挨拶

  ・原田義昭(環境大臣)  

 

  パネルディスカッション1

  「世界の動きと日本の脱炭素化に向けたゆくえ~1.5度特別報告書を受けて~」

  〇ファシリテーター

  ・石川智子(地球環境戦略研究機関知識とコミュニケーションユニット ジョイントディレクター)

  〇パネリスト

  ・森下 哲(環境省地球環境局長)  

  ・プリヤダァシ・R・シュクラ(IPCC第3作業部会共同議長)

  ・ジム・スキー(同)

  ・江守正多(国立環境研究所地球環境研究センター副センター長)

  ・田村堅太郎(地球環境戦略研究機関気候変動とエネルギー領域研究リーダー)

  

  パネルディスカッション2

  「京都の挑戦~プロジェクト“0(ゼロ)”への道~」

  〇ファシリテーター

  ・新川達郎(京のアジェンダ21フォーラム元代表)

  〇パネリスト

  ・門川大作(京都市長)

  ・山極壽一(京都大学総長)

  ・西本清一(京都市産業技術研究所理事長・京都高度技術研究所理事長)

 

  クロージングセッション

  ・門川大作(京都市長)

  ・安成哲三(総合地球環境学研究所所長)

  ・浜中裕徳(イクレイ日本理事長)

  ・高月紘(京都市環境保全活動推進協会理事長)ほか

 ※原田義昭環境大臣も登壇され「1.5℃を目指す京都アピール」発表

 

  16:00~18:00

  京都大学総長と若手研究者による座談会

  ・山極壽一(京都大学総長)他

  ※敬称略

 

(4)主催

  京都市

 

(5)共催

  環境省,京都大学,大学共同利用機関法人人間文化研究機構総合地球環境学研究所,一般財団法人

 イクレイ日本,公益財団法人京都市環境保全活動推進協会,公益財団法人地球環境戦略研究機関

 

参考

参考 IPCC第49回総会について

(1)日程及び会場

   令和元年5月6日(月曜日・休日)~13日(月曜日)

  国立京都国際会館,グランドプリンスホテル京都

 

(2)参加者

  各国政府の関係者,国際研究機関の科学者等(100以上の国と地域から500人程度)

 

(3)内容

  今世紀後半の温室効果ガス実質ゼロを目指したパリ協定の取組を推進していく上で不可欠な,各国の温室効果ガス排出量の算定方法に関する報告書の改良版(いわゆる「IPCC京都ガイドライン」)の承認が目指されている。

 

(4)直近の開催

 会議      開催国・都市       日程

 第46回総会 カナダ・モントリオール 平成29年9月6日~10日

 第47回総会 フランス・パリ       平成30年3月13日~16日

 第48回総会 韓国・仁川          平成30年10月1日~6日

※COPとIPCC総会の両方の開催都市となるのは,世界で9都市目(ベルリン,ジュネーブ,ニューデリー,モントリオール,ナイロビ,バリ島,コペンハーゲン,パリ,京都)

 

【IPCC(気候変動に関する政府間パネル)】

・気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change)の略

・人為起源による気候変動,影響,緩和策等に関し,科学的,技術的,社会経済学的な見地から包括的な評価を行うことを目的として,国連環境計画(UNEP)及び世界気象機関(WMO)により1988年に設立された機関

・2007年には,米国のゴア元副大統領と共にノーベル平和賞を受賞

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局地球温暖化対策室

電話:075-222-4555

ファックス:075-211-9286

フッターナビゲーション