スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】フタバアオイの奉納式「葵里帰り」の開催について

ページ番号251312

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年4月26日

広報資料(取次)

平成31年4月26日

環境政策局(環境企画部環境管理課 電話222-3951)

フタバアオイの奉納式「葵里帰り」の開催について

 賀茂別雷神社(以下「上賀茂神社」という。)では,葵プロジェクトを設立し,京都三大祭の一つである「葵祭(賀茂祭)」に欠かせないフタバアオイの保護・育成の取組を進めてきました。

 この度,葵プロジェクトが提供したフタバアオイを育成している団体から,本年の葵祭(5月15日開催)で使用するフタバアオイを奉納していただく「葵里帰り」が以下のとおり開催されますので,お知らせします。

 本奉納式には,京都市の「京(みやこ)の生きもの・文化協働再生プロジェクト認定制度」の認定を受け,フタバアオイを育成する団体が参加されます。

※ 平成22年に特定非営利活動法人として設立し,平成30年度に一般財団法人に移行


奉納式「葵里帰り」について

1 日時

令和元年5月10日(金曜日) 午後2時~午後3時(雨天決行)

2 場所

上賀茂神社(北区上賀茂本山339)境内 渉渓園東側 「葵の森」

3 出席者

主催者

  • 一般財団法人葵プロジェクト,上賀茂神社

来賓

  • 岡田憲和 京都市副市長
  • 森本幸裕 公益財団法人京都市都市緑化協会理事長(上賀茂森と緑の保存会顧問)

奉納参加者(予定)

(1)京(みやこ)の生きもの・文化協働再生プロジェクト推進者

  • 日新電機株式会社
  • 特定非営利活動法人KES環境機構
  • 三菱自動車工業株式会社
  • 桃山地域女性会
  • 株式会社島津製作所
  • ヴィサージュジャパン株式会社
  • 株式会社SCREENホールディングス

(2)教育機関

  • 京都市立上賀茂小学校
  • 京都市立八瀬小学校
  • 京都市立紫竹小学校
  • 京都府立鴨沂高等学校
  • 上賀茂こども園

4 内容

修祓の儀(しゅばつのぎ)

主催者挨拶

  • 田中安比呂 葵プロジェクト副理事長(第204代上賀茂神社宮司)

来賓挨拶

  • 岡田憲和 京都市副市長
  • 森本幸裕 公益財団法人京都市都市緑化協会理事長(上賀茂森と緑の保存会顧問)

奉納

  • 参加者からフタバアオイの奉納

参拝

  • 里帰り奉告参拝

奉納式の様子

昨年度の様子

(参考1)フタバアオイ育成の取組

 葵祭では,毎年10,000枚程度のフタバアオイの葉が使用されており,かつては境内に自生するものだけで賄えていたようですが,近年では生育数の減少により,祭りに必要な枚数が集まらなくなっています。

 葵プロジェクトは,小学校を中心とした教育機関や企業・個人の皆様と共同でフタバアオイを育成するとともに,自然と文化のつながりについての意識啓発を図りながら,伝統祭事「葵祭」を次世代へ継承する取組を進められています。

 なお,「葵里帰り」は,平成27年度に開始し,今回で5回目の開催となります。

(参考2)京の生きもの・文化協働再生プロジェクト認定制度

 京都の祭りや文化を支えてきた生きものの保全・再生のための取組を認定し,必要に応じて技術的な支援のための専門家を派遣する制度(平成26年9月創設)です。本制度の認定を受けている20件のうち10件が,葵プロジェクトから提供を受けた,上賀茂神社境内に残る貴重なフタバアオイの育成に取り組んでいます。

 葵プロジェクトと京都市は,今後も引き続き連携し,フタバアオイの保護・育成を通じて,生物多様性の保全に貢献していきます。

広報資料

広報資料(取次広報)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
京都市生物多様性プラン周知マーク

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局環境企画部環境管理課

電話:075-222‐3951

ファックス:075-213-0922

フッターナビゲーション