スマートフォン表示用の情報をスキップ

産業廃棄物実態調査について

ページ番号175624

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年10月30日

産業廃棄物実態調査

 京都市では,平成23年3月に「第3次京都市産業廃棄物処理指導計画」を策定し,循環型社会の構築に向けて産業廃棄物行政を推進しています。

 この度,市域の産業廃棄物処理の実態等を把握し,今後の計画の見直しや施策の在り方を検討する基礎資料とするため,下記のとおりアンケート調査を実施します。(前回は平成21年度に実施しています。)

 調査票が届いた事業所の皆様におかれましては,御多忙のこととは存じますが,調査の趣旨を御理解いただき,御協力くださいますよう,よろしくお願いいたします。

 なお,本調査の内容について御不明な点がありましたら,株式会社地域計画建築研究所にお問い合わせください。

【調査委託機関】 

 株式会社地域計画研究所大阪事務所(通称アルパック)

 産業廃棄物実態調査担当

 〒540-0001

  大阪市中央区城見1-4-70 住友OBPプラザビル15階

  TEL:0120-955-612(フリーダイヤル)

     06-6942-5732 (上記フリーダイヤルがつながりにくい場合)

  FAX:06-6941-7478

  E-mail:3rresearch@arpak.co.jp

  HPアドレス:http://www.arpak.co.jp外部サイトへリンクします

※ 上記の電話番号がつながらない場合,大変恐縮ですが,上記E-mailアドレスに担当者様の御名前と御連絡先を添えて,メールをお送りいただければ,後ほど調査委託機関の担当者より御連絡させていただきます。

調査の対象

(1)送付数   

  約8,000

(2)抽出方法

  総務省の事業所母集団データベースより,京都市内の事業所を業種別,規模別に無作為抽出

調査の内容

(1)産業廃棄物処理実態調査

  ○ 事業所の概要

  ○ 産業廃棄物の処理実態

  ○ 水銀を含む製品(水銀添加製品)の使用等の実態

 

(2)産業廃棄物の処理等に関する意識調査

  ○ 適正処理・法令遵守の取組

  ○ 産業廃棄物処理業者の選択方法

  ○ 京都市による指導・啓発状況

  ○ 減量・資源化等の取組

  ○ 京都市の施策への意見

回答期限

  平成26年12月26日(金曜日)

調査票

産業廃棄物処理実態調査票(業種ごとに選択)

(1)農業用(日本標準産業分類における大分類A)調査票

(2)建設業用(日本標準産業分類における大分類D)調査票

(3)製造業用(日本標準産業分類における大分類E)調査票

(4)医療・福祉用(日本標準産業分類における大分類P)調査票

(6)参考資料

産業廃棄物の処理等に関する意識調査票(共通)

産業廃棄物の処理等に関する意識調査票

その他

関係資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

環境政策局 循環型社会推進部 廃棄物指導課
電話: 075-366-1394 ファックス: 075-221-6550
住所: 〒604-0924 京都市中京区河原町通二条下る一之船入町384 ヤサカ河原町ビル7F

フッターナビゲーション