スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

(お知らせ)新型コロナウイルス感染症に係る10月以降の対応について

ページ番号317414

2023年9月29日

(お知らせ)新型コロナウイルス感染症に係る10月以降の対応について

  令和5年9月15日付けの国事務連絡を踏まえ、冬の感染拡大に対応しつつ、医療提供体制について令和6年4月からの通常の体制への完全移行に向けた段階的な移行を進めるため、新型コロナウイルス感染症対策に係る令和5年10月以降の取扱いについて、下記のとおりお知らせします。

  個人や事業者の方々については、引き続き、感染拡大状況や場面等に応じた感染防止対策に留意いただくようお願いします。

1 患者に対する公費支援

  • コロナ治療薬及び入院医療費は、他の疾病との公平性の観点を踏まえ、見直しを行ったうえで、公費支援を令和6年3月末まで継続します。
患者等に対する公費支援

現在 令和5年10月~令和6年3月
コロナ治療薬全額公費支援一定の自己負担を求めたうえで公費支援を継続(例:医療費3割負担の方で9,000円) 
入院医療費高額療養費制度の自己負担限度額から2万円を減額減額幅を原則1万円に見直したうえで公費支援を継続

2 高齢者施設等支援

  • 施設等における感染対策の徹底、医療機関との連携強化、療養体制の確保等のため、集中的検査、施設内療養の支援、感染発生時のかかり増し経費の補助等を当面継続します。

3 相談対応

 発熱時等の受診相談及び陽性判明後の体調急変時の相談等の相談窓口を令和6年3月末まで継続します。

  <相談窓口>

  (受診相談)

   きょうと新型コロナ医療相談センター   電話:075-414-5487

  (陽性判明後の体調急変時の相談)

   きょうと新型コロナ医療相談センター 京都市療養者相談ダイヤル   電話:050-3614-9575

  ※療養支援のためのチャットボットやLINEアカウント「京都市新型コロナサポート ヒロメズ」は当面継続します。

(参考)10月以降の主な変更点

 (参考)10月以降の主な変更点
 項目現在令和5年10月~令和6年3月
コロナ治療薬 コロナ治療薬の費用は全額公費支援(外来・入院)

 他の疾病との公平性の観点も踏まえ、自己負担なしの扱いから、一定の自己負担を求めつつ公費支援を継続

【具体的な自己負担額の上限】

 1回の治療当たり、医療費の自己負担割合が1割の方で3,000円、2割の方で6,000円、3割の方で9,000円

入院医療費 高額療養費制度の自己負担限度額から2万円を減額 他の疾病との公平性の観点も踏まえ、入院医療費については、高額療養費制度の自己負担限度額からの減額幅を原則1万円に見直して公費支援を継続
高齢者施設等への支援 施設等における感染対策の徹底、医療機関との連携強化、療養体制の確保等(集中的検査、施設内療養の支援、感染発生時のかかり増し経費の補助等) 継続
発熱時等の受診相談 きょうと新型コロナ医療相談センターで24時間対応 継続
陽性者及びその家族からの相談 きょうと新型コロナ医療相談センター 京都市療養者相談ダイヤルで24時間対応 継続

(お知らせ)新型コロナウイルス感染症に係る10月以降の対応について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

保健福祉局 医療衛生推進室 医療衛生企画課

フッターナビゲーション