スマートフォン表示用の情報をスキップ

海外で新型コロナワクチン接種を受けられた方

ページ番号307170

2023年3月29日

海外で新型コロナワクチン接種を受けられた方

接種券について

 海外で接種された方等、接種情報が登録されていない場合、接種券をお届けできないことがあります。

 お手数をおかけしますが、該当の方は「新型コロナワクチンの接種券再発行について」を御確認ください。

国内における残り接種回数の考え方


 海外(※1)・国内での接種を問わず、国内承認済みのワクチンの接種済回数に応じて、国内における残りの接種回数を決定します。

 なお、初回接種(1・2回目接種)の完了から3か月以上が経過した12歳以上の方は、これまでの従来株対応ワクチンの接種回数に応じ、3~5回目接種[追加接種]として「令和4年秋開始接種」(オミクロン株対応ワクチンの接種)を1回受けることができます。

 ⇒「令和5年春開始接種」についてはこちら

  •  追加接種は、基本的にオミクロン株対応2価ワクチンによる接種となりますが、何らかの理由で同ワクチンを接種できない方は、従来の1価ワクチンである武田社(ノババックス)のワクチンも使用できます。(令和4年11月8日以降)

  • 海外で国内承認ワクチンを2~4回接種⇒国内では3~5回目接種[追加接種]として接種1回を受ける
  • 海外で国内承認ワクチンを1回接種⇒国内では2回目接種から(※2)
  • 海外で国内未承認ワクチンを2回接種⇒国内では1回目接種から(※3)
  • 海外で国内未承認ワクチンを1回接種⇒国内では1回目接種から(※3)

※1 海外での接種回数(国内での残り接種回数)は、本人の申告に基づいてカウントします。

※2 海外で国内承認ワクチンを1回接種しているケースにおいては、本人又はその保護者から、

  • 国内承認ワクチンの接種が2回目である旨の申出があった場合には、2回目の接種券を使用します。
  • 特段の申出がない場合は、1回目の接種券を使用します。

※3 国内承認ワクチンと未承認ワクチンの交互接種に係る安全性等の科学的知見はありません。

ワクチンごとの情報

  • 薬事承認されたワクチン
    ヤンセンファーマ社の新型コロナワクチン

海外でAZ社、ヤンセン社のワクチン及びオミクロン株対応ワクチンを接種された方


  1. AZ社ワクチン
    ○コビシールド以外はカウントしません。
    ○AZ社ワクチン3回目は国内未承認のためカウントしません。
    ○海外で国内未承認ワクチンを2回接種後にAZワクチンを1回接種した場合、1回接種とみなします。
     (国内では2回目接種から)

  2. ヤンセン社ワクチン
    ○ヤンセン社ワクチンの1回目接種は2回分として扱います。
     (国内では3回目接種[追加接種]から)
    ○海外で国内承認ワクチンを1回接種後にヤンセン社ワクチンを1回接種した場合、便宜的に2回目のヤンセン社ワクチンを1回分としてカウントします。
     (国内では3回目接種[追加接種]から)
    ○海外でヤンセン社ワクチンを2回接種後に国内承認前に国内で初回接種完了した場合、オミクロン接種を5回目として認めるため、遡って1回分未接種扱いとします。
     (国内では5回目接種[追加接種]から)

  3. オミクロン株対応の国内承認ワクチン
    ○海外で国内承認ワクチンで初回接種完了後にオミクロン株対応の国内承認ワクチンを接種した場合、予防接種実施規則附則第6条第1号に規定する接種不適当者に該当する可能性が高いため、基本的には、予防接種法に基づく接種の対象にはなりません。
     (国内では接種を受けられません。)

日本で承認されているワクチンと同一のものとして取り扱う海外製ワクチン

日本で承認されているワクチンと同一のものとして取り扱う海外製ワクチン
日本で承認されているワクチン  海外製のワクチン
 ・ファイザー社製
 「コミナティ筋注」
・復星医薬(フォースン・ファーマ)/ビオンテック社が製造する「コミナティ(COMIRNATY)」
 ・アストラゼネカ社製
 「バキスゼブリア筋注」
 ・インド血清研究所が製造する「コビシールド(Covishield)」
 ・武田社(ノババックス)製
 「ヌバキソビッド筋注」
 ・インド血清研究所が製造する「コボバックス(COVOVAX)」

お問い合わせ先

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

フッターナビゲーション