スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】はあと・フレンズ・ストア  2階ギャラリーオープン企画「うつわ展」の開催について

ページ番号305149

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年10月26日

広報資料

令和4年10月26日

保健福祉局(障害保健福祉推進室 電話222-4161)

はあと・フレンズ・ストア 2階ギャラリーオープン企画「うつわ展」の開催について


 京都市及び(公財)京都高度技術研究所では、「はあと・フレンズ・プロジェクト推進事業」において、障害のある方が関わって作った「ほっとはあと製品」の売上向上を図ることで、障害のある方の工賃や就業環境の向上を支援し、さらに社会とのつながりを深めていく様々なプロジェクトを実施しています。

 この度、京都市内の障害福祉サービス事業所で活動されている障害のある方のアートを中心に御紹介するギャラリーが、はあと・フレンズ・ストアの2階にオープンいたします。

 そのオープン企画として、「うつわ展」を開催いたしますので、お知らせします。

1 「うつわ展」開催内容及び日程

期間:令和4年11月1日 火曜日〜13日 日曜日

時間:午前11時00分~午後6時30分(水曜定休)

場所:はあと・フレンズ・ストア2階

内容:うつわの展示及び販売

 一点物や、もう制作ができなくなった作品など、稀少な作品をはじめ、普段使いにも特別な日にも使っていただけるうつわを多数展示いたします。

 作家のこだわりや、クスッと笑えるようなユーモアなど、すべてに作り手のあたたかみを感じるうつわばかりです。

 ぜひ一度手に取っていただき、そのあたたかみや思いを感じてみてください。 

◆参加施設 

  社会福祉法人 新明塾 工房ソラ

 仲間と働くことにより自分の能力を開拓し、社会生活をいとなむ力をつける。

 一人ひとりに合った作業内容と環境を考え、工房に来るのが楽しい、みんなと一緒にいることが楽しい、

と思える工房を目指している。

 https://shinmeijuku.net/  

  

   社会福祉法人なづな学園

 相手の立場に立ち、地域との繋がりを大切に、思いやりの心で、熱き心を持ちながら、共に育ち支え合う場づくりに

努める。障害のある人が、住み慣れた地域で生きがいのある自立生活を送ることができるよう支援している。
 https://www.naduna.jp/ 


うつわ (工房ソラ)


うつわ (なづな学園)

◆企画・運営

 はあと・フレンズ・プロジェクト

◆協力

 一般社団法人表現支援協会https://hyogen-shien.or.jp/ 

2 今後の企画について 

 今後もはあと・フレンズ・ストア2階にて、京都市内の障害福祉サービス事業所で活動されている障害のある方の

アートを中心に御紹介するフェアを開催予定です。

 今後開催予定のフェアの詳細は、決まり次第お知らせいたします。

3 問合せ先

 はあと・フレンズ・プロジェクト 事務局

 EMAIL:[email protected] 

 プロジェクト website URL: https://kyoto-heartfriends.com/

 TEL: 075-221-8033 / FAX: 075-221-8118 

 〒604-8042京都市中京区新京極通四条上る中之町565-15(はあと・フレンズ・ストア)

  *「はあと・フレンズ・プロジェクト」は、公益財団法人 京都高度技術研究所(ASTEM)が受託し、

株式会社ヒューマンフォーラム及び株式会社翠灯舎の協力を受けて、運営しています。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局障害保健福祉推進室

電話:075-222-4161

ファックス:075-251-2940

フッターナビゲーション