スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

通所系サービス事業所・短期入所施設における感染防止対策の徹底について(令和4年7月20日~)

ページ番号301843

2022年7月20日

通所系サービス事業所・短期入所施設における感染防止対策の徹底について(職員の皆様へのお願い)

 新型コロナウイルスによる感染拡大が繰り返される中、高齢者施設・介護サービス事業所職員の皆様の感染防止へのたゆまない努力に感謝申し上げます。

新型コロナワクチン3回目接種の効果の低下及びオミクロン株の新たな系統への置き換わりにより、新規感染者数が急激に増加し、通所系サービス事業所を中心に、高齢者施設の集団感染が多発しています。オミクロン株については、若年者が感染しても重症化しにくいと言われていますが、高齢者が感染した場合、持病の悪化により、重篤な状態になることがあります。治療手段が限られている中で、高齢者をはじめ市民の皆様の命と健康を守るためには、高齢者の感染を防止し、医療逼迫を防ぐことが重要になります。

つきましては、通所系サービス事業所・短期入所施設の皆様におかれましては、下記対策の徹底をお願いします。

1 施設内に持ち込まないための対策

・ 毎日、職員が業務に従事する前に体調確認や検温を行い、発熱等がある時は、業務に従事させないでください。施設・事業所の職員が、咽頭痛や倦怠感等の自覚症状があるにもかかわらず、業務に従事していたために、施設・事業所内に感染者や濃厚接触者が生じているケースが多くなっています。職員が、体調不良時に、上司に申し出やすい環境づくりに努めてください。また、家庭内感染が多くなっていますので、職員の家族の健康状態の把握に努めてください。

・ 職員が勤務中に体調不良になった時は、上司に速やかに報告し、必要に応じて帰宅させてください。

・ 職員は、事業所内ではもちろんのこと、外出時においてもマスクを着用し、事業所入館時に、手洗いや手指消毒を行ってください。

・ 利用者が事業所に到着した時等に、体調確認や検温を行い、発熱等がある時は、サービス提供を中止して別室に隔離し、帰宅させてください。新型コロナウイルスの感染が判明した通所系サービス利用者について、事業所到着時に発熱に気がつき、速やかに隔離・帰宅させたことにより、事業所内での感染及び濃厚接触者の発生を水際で防いだ事例もあります。また、家庭内感染が多くなっていますので、利用者の家族の健康状態把握に努めてください。

・ 利用者に対しても、サービス利用時のマスク着用や、手洗い、手指消毒の実施をお願いしてください。また、別紙利用者向けチラシ(参考例)や次のホームページの情報等を活用し、利用者に対し、サービス利用時以外も感染防止対策を徹底するようにお願いしてください。

【京都市情報館】感染急拡大中 みんなで夏の感染対策を

https://www.city.kyoto.lg.jp/gyozai/page/0000297731.html


2 施設内で感染拡大させないための対策

・ 職員は、施設内ではマスクを着用してください。特に会話する時は、休憩や更衣時等においても、必ずマスクを着用するようにしてください。また、一度に休憩する人数を減らし、対面での食事や会話を避けるようにしてください。

・ 個々の利用者に触れる前後に手洗いや手指消毒を行ってください。感染対策の専門家が、集団感染が発生した高齢者施設を現地調査した結果、感染防止の基本である手洗いが徹底できていなかったことが、一番の課題であるとされています。次ページの「新型コロナウイルス感染症に関する研修など」で紹介している感染対策研修動画等を参考に、職員全員が、手洗いを正しくできるようになってください。

・ テーブルの上や手すり、ドアノブ等、手指を介してウイルスが付着するリスクがある箇所の界面活性剤入り洗剤による拭き清掃を行ってください。

・ デイルームや食堂といった職員や利用者が密集する空間での集団感染が疑われる事例が増加しています。熱中症予防に留意しつつ、換気を行ってください。

・ 利用者が密集するようなプログラムは控え、換気と利⽤者間の距離に留意し実施してください。必要に応じ同時にサービスを提供する利用者数を減らす等の対策をとってください。

・ 感染のリスクが高いプログラムは控えてください。

(例)歌を歌う、集団でゲームをする等、大きな声を出してしまうようなもの

   ボールや風船など複数の利用者が同じものを使うもの 

・ 送迎車の中でも、換気及び利用者間の距離に留意してください。

・ 利用者への食事提供時には、席を対面に配置することを避け、間隔を確保する(またはパーティションを設置する)など工夫し、利用者に会話を控えるようにお願いしてください。

・ 通所系サービスについては、事業所の職員又は利用者に感染者が発生した時は、

「新型コロナウイルス感染発生時の通所系サービス事業所の初動対応」https://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000280011.htmlに基づき、感染者の最終出勤日又は最終利用日の翌日から7日間(4日目に確認し、他に陽性者及び有症状者がいない場合は4日間に短縮)休業してください。(法令等に規定はなく、最終的に事業者判断となりますが、感染拡大防止及び短期間での終息に効果的であることから、積極的に御検討ください。)


3 感染防止対策に関する知識の習得

 YouTube京都市介護ケア推進課公式チャンネルに掲載している感染対策研修動画を視聴いただく等により、知識の習得に努めてください。

〇【YouTube】京都市介護ケア推進課公式チャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCcUQr3U6JAUxGvhKVoUy10w?view_as=subscriber外部サイトへリンクします

※ 手洗いを含む手指衛生に関する動画は、「3-3 感染対策の基本 手指衛生」です。

〇【京都市情報館】感染症対策に関する動画の配信について

https://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000291396.html

4 新型コロナワクチン4回目接種の呼びかけ

 利用者に対し、新型コロナワクチン3回目接種から5箇月を経過したら、なるべく早く、医療機関又は集団接種会場で4回目接種を受けていただくように呼びかけてください。

通知文

利用者向けチラシ

利用者向けチラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

上記説明に関係するホームページ一覧

次のホームページを職員等に再度周知し、感染防止対策を実践してください。

新型コロナウイルス感染症についての対応等

新型コロナワクチンに関すること

新型コロナウイルス感染症の検査関係

新型コロナウイルス感染症に関する研修等

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局健康長寿のまち・京都推進室介護ケア推進課

電話:075-213-5871

ファックス:075-213-5801

フッターナビゲーション