スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

京都市新型コロナウイルス感染症訪問診療等体制拡充事業について

ページ番号300292

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年7月15日

 京都市では、種々の理由により自宅療養を余儀なくされる高齢者等に対し、病状悪化時に、迅速に医療を提供することによって、安心して療養できる環境を整備するため、京都市からの依頼に基づき、京都市内の自宅療養中の陽性者に訪問診療等を実施する医療機関等に協力金を交付します。



京都市自宅療養者に係る訪問診療等体制拡充事業協力金交付要綱

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

交付基準額について

京都市から依頼を受けて実施した訪問診療等1回につき、次に掲げる職種ごとの金額とする。交付対象については、医療機関等ごとに同一の職種の主となる者1人とする。

  1. 医師:3万円
  2. その他職種(注):1万8千円

協力金の交付を受けることができる訪問診療等の回数は、自宅療養者1人に対して、1日当たり2回を上限とし、1箇所に複数の陽性者がいる場合であっても1回の交付とする。

(注)主治医が新型コロナウイルス感染症治療及び自宅療養に必要と認める職種:看護師、薬剤師、歯科医師、介護士等

訪問診療等協力機関の登録について

 協力金の申請及び請求に当たっては、事前に訪問診療等協力機関として登録届(第1号様式)を提出いただき、京都市からの登録決定を受けていただく必要があります。

 やむを得ず、特別な事情により京都市からの依頼なく訪問診療等を実施した場合は、速やかに事後報告票(第7号様式)を提出していただくこととなります。

協力金の交付申請等について

訪問診療等協力機関として登録された医療機関等に、1箇月ごとに実績報告及び申請手続きをしていただきます。以下に掲載の実績報告書(第6号様式)、実績報告書の(別紙)、交付申請書兼請求書(第5号様式)の3点をご提出ください。

【対象となる期間について】

協力金交付の対象となる訪問診療等の期間は、新型コロナウイルス感染症患者の発生届が出てから、療養解除となるまでの間です。

【実績報告書など各書類の期限について】

特別の事由がない限り、当該事業実施期間中の各月の末日から14日以内に、実績報告など各書類を提出していただくこととなります。

提出先について

 京都市医療衛生推進室医療衛生企画課

以下のいずれかの方法により、ご提出ください。

  • メール:[email protected]
  • FAX:075-748-1559 
  • 郵送:〒604-8101 京都市中京区柳馬場通御池下る柳八幡町65 京都朝日ビル4階

提出様式等

QAについて

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

保健福祉局医療衛生推進室医療衛生企画課
075-746-2600

フッターナビゲーション