スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

新型コロナウイルス感染症と診断された方・濃厚接触者となった方の災害時(水害・土砂災害)の避難先について

ページ番号298482

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年7月1日

新型コロナウイルス感染症と診断された方・濃厚接触者となった方の災害時(水害・土砂災害)の避難先について

水害・土砂災害への備え

1 自宅が安全かどうかを確認しておきましょう。

  ハザードマップ外部サイトへリンクしますで自分の家が、危険のあるエリアかどうかを把握しておきましょう。

  また、災害時に頼ることができる親戚や知人などがいる場合には、友人・知人宅が安全な場所にあるかもみておきましょう。

2 避難行動を検討しておきましょう。

  早めに安全な場所へ避難することが大切です。

  あらかじめ避難行動を決めておきましょう。

  自宅が危険のあるエリアか確認し、在宅避難(自宅で安全が確保できるか)などをあらかじめ確認しておくことが重要です。

  避難場所への避難の前に、密集を避けるため、避難場所避難、在宅避難(自宅で安全が確保できるか)、親戚・友人・知人宅への避難等、避難する場所をどこにするか検討しましょう。

避難情報に関する資料(内閣府)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

〇 自宅で安全が確保できない自宅療養者の方

   避難先等の調整を行いますので、京都市新型コロナ陽性者フォローアップセンターに連絡をお願いします。

          問合せ先   0570-000-538 (24時間、ナビダイヤル)

〇 自宅で安全が確保できない濃厚接触者の方

  ⇒避難場所に避難し、避難場所受付で、濃厚接触者であること及び健康状態(体温・症状の有無)を伝え、避難場所運営者の指示を受けましょう。

3 コロナ禍での災害時の非常持出品を準備しておきましょう!

  コロナ禍においては、飲料水や調理不要の食品など通常の持出品に加え、マスク体温計除菌シート消毒液などがすぐに持ち出せるよう、リュックなどに必要最低限のものを準備しておきましょう。

  感染状況によって、家族で避難する場所が異なる可能性があるので、物品は個人ごとに準備しておきましょう。

  非常用持出物品については、京都市防災ポータルサイト外部サイトへリンクしますを参考にしてください。

  妊産婦、高齢者、疾患をお持ちの方など、各自、避難先で必要になりそうなものは、持出品として入れておいてください。

4 避難場所での過ごし方(濃厚接触者の方)

  〇避難場所では、3つの密(密閉、密集、密接)を避けましょう。

  〇マスクの着用や手洗い、咳エチケット等の基本的な感染対策を行いましょう。

  〇配布される健康調査票により、体調のチェックを行いましょう。

  〇以下の場合は、避難場所運営者に相談のうえ、かかりつけ医等に連絡しましょう。

   ・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状がある。

   ・基礎疾患がある方、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある。

5 我が家の防災行動計画「マイ・タイムライン」外部サイトへリンクしますを作成しましょう

  お住まいの場所や家族構成によって、災害時に取るべき行動やタイミングは異なります。

  普段から防災意識を高め、適切な避難行動を知るため、家族や地域で相談しながら、防災行動計画「マイ・タイムライン」を作成し、日頃の備えや避難するタイミング、避難する場所などを確認しましょう。

  「マイ・タイムライン」では、水害・土砂災害に加え、地震の備え等についても確認することができます。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局保健福祉部保健福祉総務課

電話:075-222-3366

ファックス:075-222-3386

フッターナビゲーション